ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

タグ:槇原敬之 ( 8 ) タグの人気記事

マッキー ライブレポ ~Long Distance Delivery tour 2009 in 静岡市民文化会館~ その2

第2部は休憩時間が終わりまだ会場がざわめいている中で急に始まりました。

まず派手な演出とビート感いっぱいの「Orange Colored Sky」。
第1部でのグレーのスーツを脱いで、ワイシャツの袖をロールアップして
黒っぽいネクタイ、ブルーのハーフ丈のパンツにサスペンダーを
ダランとたらして。飛ばしていきますよ~!って感じでした!

2曲目は「Hey」。
真っ暗に照明が落とされ、マッキーにピンスポットが。
「去年僕は友人を亡くしました。その友人がくれたメールに
僕は返信をしませんでした」
小さく鳴り始めた前奏がクレッシェンドしていく間に
背景のスクリーンに友達がくれたメールと思われる文章と
読み上げる声。これは全部実話なのでしょうか?
「死」というとても重いテーマをマッキー独特の胸を締め付けるような
哀愁を帯びたなんともいえないメロディでしっかりと伝えていきます。
これは1人で聴いている時は何度聴いても必ず大泣きしまうのですが、
ライブという特別な空間だからか、ビート感も手伝ってあまり泣きませんでした。

3曲目は「LOTUS IN THE DIRT」。これは「Home Sweet Home」に収録されています。

第2部は「大切なものを忘れない気持ち」、そしてなにより、
「世界がどうあろうと後悔しないために信念を貫いて『今』を生きて行きたい」
というような共通のメッセージがこめられていると思う曲が続きました。

以下、ビート感のある曲が続き、
立ちっぱなしでメモる暇がなかったので順不同です(笑)

「GREEN DAYS」
「Firefry~僕は生きていく~」
「つま先立ちで(笑)」
「僕の今いる夜は」
「Taking The Central Course」

「Anywhere」では、
「どんな辛さも幸せにかえながら生きてゆける」
の部分で「辛い」の漢字を空に指で書いて横棒を一本たす
ジェスチャーをしていました。なるほど。です。

そしておなじみ「世界に一つだけの花」。
歌詞が出ますから皆さんもぜひ一緒に歌ってくださいと。
サビでは本物の手話かな?それを観客も一緒になってやりながら
歌いました^^

もう本当に夢のような時間で、第2部以降はあんまり記憶がはっきりしていないのです^^;

アンコールでは
「こういう非日常よりもドアの向こうの日常に素敵なことが待っていると
犬が教えてくれた、これ実話なんですよ^^」という「Circle of Rainbow」。
「犬がくしゃみをした瞬間に犬の鼻先に小さな丸い虹がかかった」なんて、
なんて鋭い観察力なんでしょうね!それだけで1曲出来ちゃうんですから!

そして本当に本当の最後の曲は
「The Average Man Keeps Walking」。
これを予習で聴いた時(笑)、どうしても最後の「The Average Man Keeps Walking」
のフレーズが「安部礼司マン」と聞こえちゃって笑っちゃってたんですが、
本当にあのラジオドラマ「あ、安部礼司」のテーマソングとして書き下ろしたんですね^^
歌詞の内容はマッキーらしいですね。
「UNDERWEAR」に収録されている「まだ見ぬ君へ」の
もうちょっと大人っぽい感じの曲です。

マッキー、最初から何回も言っていましたが、
「ここ、すごくいいね!お客さん楽しそうでしょ?(とバンドメンバーに問いかけたり)」
「ステージとお客さんが近いし」
「もうなんていうか、エネルギーをすごくもらえてどうしよう!」
(って言うようなニュアンスだったかな?)
「これから静岡公演は絶対はずせないねってメンバーと話してたんだよ^^」
「また絶対来てねーー!」
と、お世辞で言ってくれてたのかわかりませんが、
本音だったら嬉しいですね♪
これからも絶対に行きますっっ!!

最後は観客の歓声に「しーーーーっ!」といってしーんとさせて、
マイクを使わずに生の声で
「どうも ありがとうございましたーーーー!!!」と挨拶していました。

------------------------------------------

アンコールの最後の曲が終わった時、
「このまま死んでもいい」と思えるくらい幸せな気持ちで満たされました。
今回のテーマは「ワーズ&ミュージック」ということでしたが、
それに個人的には「&ヒーリング」と付け加えたいと思いました。
間違いなく癒されている、エネルギー交換が起きていたと思います。
だって、会場に行くまでは決して体調が良かったとはいえなかったのに
そんなものは吹き飛んで、とても体が軽くなっていたからです!

とっても自然体で、伝えたい強いメッセージを、鋭い観察力と
洞察力、類まれな感性、そしてそれをさらに素晴らしくする
魔法のようなメロディーとピュアな歌声で表現してくれる彼を
もっともっと好きになってしまいました。

初期の頃から聴いていますから、歌が上達しているのもわかります。
さらに生で聴くビブラート、とても心地良くて感動モノです。
ビブラートってもろに波動ですから、体の細胞に染み入って行く感じ。

こんなに有名なのに、すごく謙虚なところもすごい。

ほんとに彼にとって歌を創って表現していくことは天職なんでしょうね。
それが叶っている彼はすごく幸せな人だ~!おめでとう!!って思います。

彼の歌に共感できる感性を持っている自分にも感謝。
いろんな意味で豊かさを分かち合えたコンサートだったと思います。

私も歌を作ってみたくなりました…^^


最初から最後まで本当に夢のような時間をありがとう…!!
[PR]
by bambi-boo | 2009-04-30 02:55 | 趣味

マッキー ライブレポ ~Long Distance Delivery tour 2009 in 静岡市民文化会館~ その1

18年以上も前からずっとファンなのに…
なんで今回が初めてのマッキーライブ参戦だったんだろう…
何でもっと早くから行ってなかったんだろう!!

も~~~めちゃくちゃ感激しました!!

以下ネタバレです。
まだ行かれていない方はご注意くださいね。












何回かES(EF)などで会場には行ったことがあるのですが、
余裕を持って出かけたにもかかわらずぎりぎり。
開演15分前にやっと着いたのですぐ自分の座席につきました。

開演前にスタッフからの諸注意のアナウンス。
そして開演時間ぴったりにマッキーの声で同じように
諸注意のアナウンスが流れてきました(笑)
これだけでもう「うわ~、楽しませてくれそう!!」って思いました!

ライトグレーのスーツで登場と同時に「Dance with me」で幕開けです♪
もちろんいきなり観客総立ちです。
初めての生マッキー!! 感激ですっ!!
マッキーに会えた嬉しさでもうすでに泣きそうに!!(笑)

「これから素敵な音楽の時間へご案内します、さあどうぞ!」
という雰囲気の、オープニングにとてもふさわしい選曲だと思いました^^
「今日の音楽にあわせて~ 僕らの今日をちゃんと踊ろう~♪」
テンションは急上昇↑↑↑!!

2曲目は「幸せはタイヤを穿いてやってくる」。
MCのタイミングがいつだったか忘れましたが(笑)、
「Long Distance Delivery tour ということで、プレゼントの箱に
いろんな音楽をつめて皆様のところへお届けする、そんなコンセプトのコンサートです」
「あ、言い忘れていましたが、僕のコンサートは立って見てても座って見てても
踊って見ててもいいです。どんな楽しみ方でもいいですよ!」
というような内容を話していました。うーん、さすが気遣いの上手なマッキー。

そして「WE LOVE YOU.」「君の後姿」「PLEASURE」と続きます。
ずっと我慢していましたが、ついに「君の後姿」で泣いてしまいましたTT

その後のMCでメンバー紹介。
ここで驚いたのがキーボードが松本圭司さんだってこと。
この方、確か今の新生T-SQUAREになる前のキーボード担当じゃなかったかしら?
ゴスのベースでもすとちゃん(須藤満・やはり元T-SQUARE)が参加してるし、
やっぱり知っている人が別のアーティストのバンドに参加しているのは嬉しいですね♪
そして、ドラム以外にパーカッショニストが別にいることにも驚き。
いろんな国の打楽器に囲まれて女性が演奏していました^^

メンバー紹介の流れでそのまま「ぶらりぶらりんこぶらり」のコーナーに。
スクリーンにその街その街で撮った写真が映し出されます。
駿府城と、わらびもちやさんとのツーショット、そして会場の「南アルプスの像」と一緒に
「何でこれが南アルプスの像??」と不思議に思いながら映っているマッキー(爆)
その流れで(??)いきなり話は変わってクレモンティーヌさんに呼ばれて
フランスに行って、作った曲なんですよ、と「Chocolats et Sweets」。
チョコレート色のインクで羽ペンを走らせる、とてもおフランスな感じの映像に
映画の字幕スーパーみたいな歌詞が映し出されていました。

それから、人の心の移ろいやすさに触れ、その中でどんなことが起こっても
(2年ほど前にマッキーにとっては寝耳に水の裁判沙汰がありましたが)
マッキーの歌を応援していくよ、という心の芯のぶれない大人の方
(=今回の協賛、バンホーテンココアの社長)に感激・感謝しているという
話をしていました。このへんはマッキーらしいMCなのでしょうね^^
「そんな心を持ち続けたいと思う今の僕を知ってか知らずか10年前の自分が書いた
『素直』、聴いてください。」と、セットに座りしっとりと歌い上げていました。
第1部の最後は「Love was sleeping」。

1部と2部の間には15分間の休憩があります。これって珍しいですよね?
これもマッキーの観客に対する心配りでしょうか^^
(開演前はトイレもグッズ販売も長蛇の列ですから)
それに1人で歌うには疲れちゃいますものね^^

それでは長くなるので第2部は次の日記に続きます^^
[PR]
by bambi-boo | 2009-04-29 16:53 | 趣味

号泣の予感(笑)~初マッキーライブ~

今夜は初めてマッキー(槇原敬之)のライブに行って来ます!!

元職場の方のお友達にチケットを手配していただき、無事に良席をゲットできました♪
(こうして職場を離れてもなんだかんだいって構ってくれる方が多くて、私は幸せモンだ♪)

チケットいる?と聞いてくださったのが確か半年くらい前。
でも事情が分かってなくて、確実に入手できるのか分からなくて、
半分本当に行けるとは思っていなかったので^^;
CDすら買っていませんでした(←ほんとにファンなのか!?)

いや~、CD買えなくなるほど、ハンドメイド関連の物に
散財(もとい、投資^^!)しているのですよ^^;

1週間前に直近のオリジナルアルバムを2枚、大慌てで
購入し、一緒に行く妹と予習をしているところです。

で、感想。
どっちのアルバムも5次元の歌だ~!と真っ先に思っちゃいました。

えっと、5次元ってなに?って聞かれてもきちんと説明できない私ですが
無謀にも説明を試みようとするならば…

現在の3次元の地球の
「戦争・競争・分離・不調和など」に対し、

「愛・調和・統合」
「人は…世界は…ひとつなんだ」

そんな感じでしょうか。

以前からマッキーの歌って宇宙の真理みたいなものを日常の何気ない
情景を織り交ぜながら聴いている人に解りやすいように
さりげなく歌っているんだな~とは思っていました。

しかしさらにさらに!!

またそれがパワーアップしていますよね~☆

もう1グループ、大好きなアーティストのゴスペラーズ。
ゴスは歌詞も素敵、歌唱力は言うまでもなくバツグン、
ダンスもビジュアルも演出も素敵☆
恋に落ちてしまいます~!という感じの、う~ん、男女の「愛」
っていう愛を表現していることが多いですよね。
すごく感動するし大好きなんですが、あまり泣かないんです、これが。不思議なことに。

それがマッキーの今回の2つのアルバムは特に、
歌えないくらい涙が出てきちゃうんですよね。
同じ「愛」と一言で言っても、マッキーの歌う「愛」は
「人間愛・地球愛・宇宙愛」なのかもと思います。

魂が震えるんです。

アルバム聴いているだけでも顔が涙でぐちゃぐちゃになるんですもの、
ライブに行ったらどんなことになってしまうんでしょう??

とりあえず、タオルたくさん持って、マスカラはしないで行ってきます(爆)
[PR]
by bambi-boo | 2009-04-28 08:16 | 趣味

今年の冬

”今年の冬” by槇原敬之

電気ストーブの低いノイズと 君の寝息がとける頃
そっとベッドから抜け出して キッチンでミルクをついだ
幸せを確かめたくて 眠れない夜があるね
目覚ましの赤いLEDが 誕生日の日付になった

気に入ってたセーターを 相棒の犬が噛んでいて
ひどく叱りつけていたら 「あげたのは私よ」と笑った

※今年の冬も僕には 君がゆっくり積もる
この街の暖かいものを 集めても君にはかなわない

去年の寒かった夜 雪が降った日のように
何時でも構わずに 僕を揺り起こす君でいて

手渡しでもらう年賀状は もちろん宛名も無いけれど
2人の名前で誰かに 送る日のことを想った
からっ風が窓を揺らす 自慢できることといえば
ポケットを君にぴったりの 手袋に変えれることくらい

新しいカレンダーには いろんな記念日があるけど
別に何でもない時こそ そばにいる2人でいよう
すべてに慣れることで 君がいなくならないように
言葉で伝えられなくても 僕は僕のことを頑張る

※repeat
僕と間違えて君が 抱きしめて眠る犬に
少しだけやきもちを焼いた 自分に照れる冬の夜


昨日の夜、ブログのネタを考えていて…今年の冬は… … …だなぁといろいろ考えていた時、ふっとこの曲が頭に浮かんで…もう十数年前の曲だけど…。

学生時代を思い出した。

いい歌だなぁ。こころがほっこり温かくなって、でもやっぱりなんだかちょっと切なくて、甘酸っぱくて、胸がきゅーんとする。

思えば昔経験した恋は決して幸せではなかった…。

この歌を思い出しながら、不覚にも枕を濡らしてしまった…^^;


マッキーの曲は結構風景描写が細かいものが多くて、曲を聴き進むにつれて風景が自動的に頭の中に描かれていきますね^^

キッチンの間接照明でほの明るい空間で、彼女が安心して寝付いている空気を感じながら、彼が温かいミルクをついで、幸せをかみしめている…などなど^^


この曲が気になる人は、ぜひ実際に聴いてみてほしいなぁ。マッキーのメロディの魔法にかかると、歌詞だけの時より数段こころにダイレクトに響いてくるよ^^
(↑上の歌詞は記憶を頼りに書いたので間違いもあるかも??)
[PR]
by bambi-boo | 2008-01-22 17:17 | ひとりごと

センチメンタル

あ~…もうだめだ…ここ1週間ほどこころがとても辛い。
鬱とかそういうんじゃなくて…昔の古い辛い感情がどんどん出てきているようだ。

ダメで惨めな自分をイヤというほど見せ付けられている。おそらく小学校3年生の時から引きずっているトラウマ。

先週日曜日から深い押し込みが始まり、金曜日のマハラクシュミに参加した際もその後も。瞑想を習い始めて最も深い押し込みのようだ。(この辺りはまたあらためて書けるかな…)

さっき指導グレード受験のためのレッスンから帰ってきて、何となくマッキーの公式HPに行ってみて…先週発売されたNEWアルバムの試聴をしていた。

3番目と4番目の曲を聴きながら、自分でも驚くくらい、突然激しく泣きじゃくってしまった。最近の不安定さを、またマッキーの独特のメロディーラインが刺激したらしい。

外に出たくてうずうずしていた感情の引き金を引いたのか、泣いたら少しだけ軽くなった。でも今回のモノはそんなに簡単にはきれいになってくれなさそうだ。

今現在は押し込みの最中だからまだよく分からないけれど…「本当の自分」というものに近づいているのなら、これが本当の自分?周りの人に良く思われたくて、惨めでダメな自分を隠したくて、必要以上ににこにこしていたけど、今、私のこころはそんなに笑ってない。自分が作っていた自分の世界の殻を脱ぎ去った裸のこころの私は、どんなふうに人と接していくのだろう。

少し、その片鱗を垣間見た。いつも月曜朝のレッスンで私の後に入っている少し年上の女性とお話しするとき、緊張していてうまく話せない。今日はあまりテンションが上がらず、おそらく「素」の自分でその女性に話しかけていたと思う。とても、こころが楽だった。

今回の押し込みはもう少し続きそうな予感。朝ハートマントラ+ババジ1、夜プロスペリティという組み合わせは、強烈にカルマをくすぐってどんどん癒してくれるのかな。。。瞑想中はものすごく気持ちいいけど、日常での感情が…とても辛い。これも感じ切る必要があるんだろう。
[PR]
by bambi-boo | 2007-11-12 13:10 | こころ

直面している問題

急に書きたくなったので…

マッキーの曲、昔から好きなのですが、あの事件を起こして以来、それ以前より深い歌詞の曲が増えたと思います。
以前マッキーのことを書いた記事では、「哲学的、道徳的、そして自虐的とすら思えるような歌詞の曲を作ることが多くなりました。」と書いていました。
でも最近特に、日常の出来事などを通して普通の人にわかりやすく、真理を説いているんだな…と思うようになりました。

自分の内面や真理を探究している毎日の中で、浮上してくる問題点や悩んでいることなどにぴったりと当てはまるような曲がふっと思い出されることがとても多いです。

以前から、そして現在進行形で直面している私の中の問題点…

マッキーの歌を借ります。

~「優しい歌が歌えない」から~

抱えた苦しみは誰のせいと
人をひどく攻める的はずれを
何度も何度も繰り返して
苦しみは前より増えるばかり

同じページをめくりすぎた
本のように日々はすり切れて
自分の中を見る以外に
もう術はなくなってしまってた

そこで
僕は確かに見たんだ
すべてを人のせいにして
だれでも平気で傷つけるような
もうひとりの自分がこころの中で
暴れながら僕をぼろぼろにするのを

はじめてのぞいた心の中は
見たこともない暗闇で
僕はとても怖くなって
何度も足がすくんだ

夏に間に合うように木の葉は
日陰を作ろうと大きくなり
木の葉曇る小さな陰を
愚か者にも分けてくれる

責めるつもりなど無いというように
葉音の歌を歌ってくれる
人に生まれたはずの僕は
優しい歌の一つも歌えない

たとえ
何かできなくたっていい
せめてこれから生きるときに
同じようなことを繰り返して
誰かをまた傷つけぬよう
こころの中をどんなときも
見つめられる強い自分になりたい

はじめてのぞいたこころの中が
あんな闇に包まれていたのは
自分をかばう僕の手が
光をさえぎっていたからだ

この気持ちさえ身勝手な
想いと今は解るけど
本当にすまないことをしたと
今すぐ謝りに行きたい

(後略)

もう、私のことまるで見透かされているかのようにどんぴしゃな歌詞です(笑)

「こころの中をどんなときも
見つめられる強い自分になりたい」
ここを今頑張っているところです。

最近辛いながらも自分の心の中を真正面から逃げないで見つめられるようになってきただけ、昔より少しは強い自分になれている気がします。
[PR]
by bambi-boo | 2007-10-07 16:39 | こころ

マッキーのNew Album

生協で買いました。安かったので。

またまた泣きどころ盛りだくさん!
f0035112_0141364.gif

[PR]
by bambi-boo | 2006-03-13 00:14 | ひとりごと

涙もろくて困っちゃう…その2

↓の「涙もろくて困っちゃう」で、「歌を歌っていても泣ける」と書きましたが、それはマッキー(槇原敬之)の歌を歌っているときが多いです。彼の歌は特別うまいわけではないけれど(マッキーごめん!)、歌詞にものすごく感動するのです。
昔から彼の曲はメロディアスで好きでしたが、あの事件を起こしてからは、哲学的、道徳的、そして自虐的とすら思えるような歌詞の曲を作ることが多くなりました。

最近の曲では「僕が一番欲しかったもの」。
前半では
「僕が素敵なものを拾うと他の誰かが現れて、その人は僕以上にその素敵なものを必要としているからあげることにした」
というフレーズを繰り返し、転調することで泣きモードにスイッチが入り、
「僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それをみた時の気持ちが僕の
探していたものだと分かった」
最後に、
「今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾うことができた」
で締めくくっています。
ここまでくるともう歌えなくなるどころか、いつも涙でぐちゃぐちゃになってしまいます。

要するに、「情けは人のためならず」ですよね。
最近では「情けをかけると人のためにならない」と勘違いして理解している人が多いと聞きましたが、残念なことです。本来の意味をぜひ知って欲しいな、と思います。

…今もこれを打ってる間に眼がかすんできました。おかしいですかね^^;?

もうひとつ、「君の声を待つ夜」。

「君の熱がやっとさがって、だんだん回復してきて、辛そうな君には悪いけど僕は君と生きている幸せを感じているんだ」
「あの時熱を出した僕に君がしてくれたように
早く良くなることだけを心から願えている」
と言う前置きがあって、
ここからです、泣きポイント!!

「同じ気持ちを分け合うことはできないかもしれないけど
分かろうとすることが何よりも大事だと君は教えてくれた
思い出せる痛みがあることで誰かにやさしくなれるのなら
僕も風邪をひいたことがあって本当に良かった」

この部分は当時鬱を患い回復期にあったときに聞いて
「まさに私の気持ちを代弁してくれている!」
と思ったものでした。
鬱になったことも決してマイナスじゃない、何か得たものがあったんだ、とも思いました。

他人の辛い気持ちを完全に理解することなんて不可能です。
でも、その辛い気持ちに寄り添い、理解しようと努める事で優しくなれることもあるんです。
今まで生きてきて、いろいろ経験してきましたが、やはり経験していないことはわからないんです。そちら(相手)の世界、立場に実際になってみないと本当に理解することができないことってたくさんあるんだな…と改めて思い知らされた曲でした。
だから、ある一面だけを見て頭ごなしに否定したり、軽はずみに答えを出してしまうことをしないように心がけなくちゃ、と思います。
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-12 15:03 | こころ