ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

タグ:東洋医学 ( 21 ) タグの人気記事

いよいよ明日は地鎮祭です♪

いくつもの問題を乗り越え、やっと明日地鎮祭が行われます。

滞りなく済みますように…

とってもワクワク楽しみ^^

今後、我が家の建築現場の進捗状況をみどりさんが
逐一アップしてくださることと思います。
興味のある方はぜひ見てみてくださいね^^

みろりんわくわく☆風水日記
[PR]
by bambi-boo | 2011-01-13 23:59 | 心地良く癒される家造り♪

契約の日

昨日は、我が家の新築工事の契約の日でした。
山梨は甲府から、はるばるあつこさんとみろりんさんが来てくださいました。

いよいよ、家を建てるんだ…という緊張感。
その場にいた全員が感じていました。





いや~、本当にもう!
信じられません!

ホントにホントにこれから始まります!

何度も何度も諦めかけてきた家造り。
やっとここまでこぎつけました。


着工は来年1月14日。

完成は来年春~初夏です。

契約日も、地鎮祭も、着工日も、全て私たち家族のために
一番良い日を選んでくださいました。



初めてお二人が我が家に来てくださったのは昨年9月14日。

契約日が12月14日で、地鎮祭=着工日が1月14日。

14日って、いったいなんだろう~~??
何か意味があるのかな~?な~んて、みどりさんの言葉で
緊張した空気がほどけてそのまままったり雑談が始まりました^^



なんかね、本当にあつこデザインスタジオ、いいです。

ハウスメーカーの社長と営業さん 対 施主
という図式ではない気がします。

そんなよそよそしい、表面的なつながりじゃないんです。

家族ぐるみで、会社ぐるみで、これからもみんなで楽しく幸せになろう!
という渦の中に、私たち家族も仲間入りさせていただいた感じです。

さっそく、みろりんさんが記事にしてくださいました

私たち家族から、地域の皆様へ幸せが拡がりますように…
そのようなコンセプトの家造り。
まさに私たちが想い描いてきたもの、そのものです。


さぁ、写経やその他準備も忙しくなります。
これからガンガンいきますぜぃ~^^!!
[PR]
by bambi-boo | 2010-12-15 12:06 | 心地良く癒される家造り♪

山梨へ ~マクロビランチ&ショールーム&現場巡り♪~

昨日はタイトルのとおりの予定で山梨に行ってきました♪

まずは農カフェhakariさんでみろりんさんと待ち合わせ♪

こちらのカフェあつこさんがデザインしたカフェです。
f0035112_2344594.jpgf0035112_2352772.jpg






お食事が運ばれてくるのを待っている間、それぞれの近況など雑談。

そして自然に壁や内装へと目が行き、説明してくれました^^
健康塗り壁剤・ダイアトーマスで仕上げてある壁、実はこちらのカフェの
奥様と娘さんが塗ったのだとか!

みろりんさん曰く「誰が塗っても失敗がない」のだそうです!

素人は素人なりに、ぼこぼこしちゃってもそれがとてもいい味になる!
まだ柔らかい間なら修正もできるし、自分が塗った部屋は
とても愛着が湧くよ~♪材料は提供するからどんどん塗ってね!!とのお言葉^^

色も感触も柔らかくてあったかい♪自分たちで塗り塗りできる日が楽しみ~~♪♪

お食事は、ランチプレート。
f0035112_2325485.jpg

ひとつひとつ奥様が説明してくださいました。
どれも生きてる!って感じですごくエネルギーを感じたしおいしいのはもちろん
やっぱりカラダが喜んでる~~♪♪
米粉のシチューやひじきペーストのカナッペ、オートミールのコロッケ…どれも美味♪♪

特筆すべきはドリンク!
飲んだ瞬間、カラダが震えました!そして本当に言葉が出ないくらい感動モノなのです!!
それぞれが頼んだドリンクを少しずついただいたのですが
ぶどうジュースやももジュースなんて、果肉をそのままいただいているみたい!
しかもとても甘くてこんなフレッシュで感動モノのジュース、飲んだことがありません!

私は穀物コーヒー豆乳を頼んだのですが、たんぽぽコーヒーよりも飲みやすいし
本当にコーヒーをいただいているみたい!てんさい糖を入れなくてもめっちゃおいしかった~♪

大満足のお食事が終わったら、初めてのあつこデザインスタジオへ。
f0035112_2384437.jpg


よくある会社の事務所とは全く違い、色鮮やかな空間に円卓。
全く面識がなくて初めて行ったとしても、
スタッフと客の間の壁をとっぱらっちゃうような、
緊張せずに話ができる空間だなと感じました。

そこではみろりんさんが惚れる炭焼き職人さんの炭で焙煎した
おいしい炭焼きコーヒーをいただきながら、地鎮祭と着工までに
施主がすること・用意するものの説明を受けました。

般若心経の写経をしたり玉石にも般若心経の文字を一文字一文字書いたりと、
おそらく、他のハウスメーカー等では経験できないだろう準備をしていきます。
書いた般若心経は敷地に埋め、家族の願望成就や幸せに導いてくれる
役割なのだそうです。

写経をしていくことで何のために家を造るのか、家族がどうなって行きたいのか
再確認するのでしょうね。身が引き締まる想いです。

着工までの準備の確認をしてまったりお茶をしたら次は
INAXのショールームでの打ち合わせです。

そこでは1階のトイレ・手洗い、2階のトイレ・洗面台・ユニットバスの
タイプと色を決めてきました。

ショールームは初めて行きましたが、最近の水周りってすごいな!の一言です^^
お風呂は半身浴タイプ♪これで日々の冷え取りが満足にできそうです♪

ここまでですでに日没に><

最後に今まさに新築の物件で数日後に引渡しというS様邸に案内していただきました。

現場には電気がないので大工さんに照明を持ってきていただいて
家の中を見せていただきました。

白熱灯と蛍光灯の2種類光源を持ってきてくださいました。
比較してみると壁のダイアトーマスの柔らかい色は白熱灯と抜群の相性!
これはお客さんが長居しちゃう気持ちが解るわ~^^

玄関と家族のみが使うクロークは我が家と似たつくり。
ふ~ん、こんな感じなのかぁ!これは便利だなぁ!!

居間の窓。これまた我が家と同じ大きさの窓。
2枚で2700あるのでとても大きくて開放感のある空間になっています。

水周りで唯一INAXのショールームでは確認できなかったキッチン。
我が家と同じタイプだそうなので参考になるのでは、ということで
見せていただきました。

一目見て、「で・でかい!!」
幅が2550、奥行きもたっぷり!
引き出しもとても大きくて、普段使いの食器は全てそこに収納できそう。
我が家のキッチンは2700あるそうなのでもっとデカイ!
うわ~、これは毎日の料理が楽しみだわ♪
今のキッチンで料理をするのが毎日辛いので余計にそう思います。

2階は2人の子供それぞれに4畳半の部屋。
4畳半なのに広く感じる。
それぞれ違う色の壁というのももう当たり前に感じます。

6畳の寝室。ここも広く感じました。

トイレ~洗面所~バスルーム。
お~!さっき見てきたバスルームが実際設置されると
こんな感じになるんだぁ!

2階の造りは2つの4畳半の子供部屋、6畳の寝室、4畳半の部屋、
キッチン以外の水周りと、我が家も同じなので
大変参考になりました。


今回もなにからなにまでわくわく感動しっぱなしの1日でした!
ずっと案内してくださったみろりんさん、本当にありがとうございました!
これからは現場監督として来て頂くことになります。
遠いですがよろしくお願いいたします♪♪


めっちゃ楽しみ~~♪♪
[PR]
by bambi-boo | 2010-11-22 23:56 | 心地良く癒される家造り♪

昨夜~今朝の方程式

寝不足+冷え(動物性過多の食事+エアコン+短パン+レッグウォーマー履き忘れ+はなにガーゼケットを取られ気づいたら何も掛けないで寝てた) 
=夜間授乳もできず朝まで爆睡+腰痛+体が固まってて動くのに難儀orz

(だいちはほっとくと夜は1度寝たら朝まで起きません。
最近体重の増えが気になるので寝ていてもなるべく3時間おきに授乳を心がけています)

最近冷えによる体への悪影響を身をもって実感しています…
単に歳取っただけだったりして^^;?
でも逆に冷え取りをしっかり実践すると体調が良いことも実感。

体調が良くてさくさく動けるってありがたい。
[PR]
by bambi-boo | 2010-07-27 15:55 | ひとりごと

打ち合わせ終了♪

本日、夜7時半~何回目かの打ち合わせ。
10時半に終了し一息ついたところです。

だいぶ細かいところまで決まってきました^^
夢が現実になるまで、あと少し。

f0035112_2353499.jpg

[PR]
by bambi-boo | 2010-07-20 23:54 | 心地良く癒される家造り♪

家電を使わない生活

新築の家を計画するにあたり、あつこ社長にいくつかさらっと言われたことがあります。

「家自体が呼吸(健康塗り壁剤(ダイアトーマス)、無垢の木、
断熱材は羊の毛(サーモウール)でどれも調湿機能が優れている)
するので、夏は涼しく、冬はとても暖かいですよ!
ですので、エアコン…使わないですよね^^」

「最近のガスコンロは頭がいいから簡単に土鍋でお米が炊けるんですよ!
トーストもグリルで焼けばいいし、熱いうちにすぐ出せばにおいもつきませんよ♪
温めは蒸し器でできるので、これで炊飯器・電子レンジ・トースターも要りませんね^^」

…と、今までの私たちの生活では考えられなかったことを提案してくださいました。

エアコン、本当に使わなくて夏を凌げるの!?
レンジ使わないで食事の支度がスムーズにできるかしら!?
のろまな私は段取りをうまく考えないと1日が終わらないような気がします><

それはしかし、頭を使って生活しないといけないということなんだなぁ。
冷凍のお肉を使いたいと思えば、前の日に献立を考えて冷蔵庫で自然解凍しておくとか、
私の苦手な料理において、頭が鍛えられそうです^^;

今まで必需品で絶対はずせないと思い込んできたこれらの家電を使わない生活…
ちょっとイメージしてみましたが、これってとてもストレスフリーな気がします。
特に空気感。今特に梅雨の時期で蒸し暑いのでエアコンを使っていますが、
とても気持ち悪い。できれば使いたくないですが蒸し暑い不快感には敵いません><

エアコンを使わなくても、心地よい、マイナスイオンのさわやかな風が家の中を吹き抜ける…
そんなイメージをしたとたん、心はもう新居での生活に飛んで行ってしまいました^^

炊飯器やレンジなどを使わなくなる事に関しては…
電磁波の影響が減るなぁ、レンジの音が無くなっていいかも。
炊飯器やトースターの場所をとらなくて空間がシンプルになるなぁ。
しつこいですが、本当にこれできちんと料理ができるのか心配ではありますが^^;
私のスキルがあがるのを待つしかないでしょう^^;

そんなところまで考えていって、そうだ、掃除機も使いたくないなぁ。
そう思って最近はほうき+茶殻で掃除をしています。

ちょっと単純な考えかもしれませんが、
現代は便利な生活を追い求めていった結果、電気製品が家中にあふれ、
空間を占領され、電磁波で脳波を乱され、ストレスフルになり、健康を害し、
身体が重くなるからさらに便利さを求め、動かなくなり、不健康になり…
の悪循環だったような気がします。

でも、できることから一昔前の生活の知恵を取り入れるようにしてきた結果、
カラダで・ココロで実際に感じたのは、

シンプルにすればするほど健康になるし軽くなるし、
さらに余計なものがどんどん要らなくなる。


ストレスが減っていくのが経験上分かってきました。
健康な心身であれば、多少の不便も面倒に感じないのです。

健康になれば医療費もかからない。
病気が減ればもちろん家庭の中も明るいでしょう。
そして、自分たちを大切に、健康的な生活ができれば、
環境を、地球を守ることにもつながるのです。
だからコストが高いことを承知であつこさんのところに新築の設計をお願いしたのです。

もっと安い家を選択することももちろんできました。
私たちの経済状況から言えば、むしろそちらのほうが妥当だったかもしれません。
しかし、健康を保てる家を作って、シンプルに生活して、
長い目で見れば人生でかかるお金がトータルで見たときに同じならば、
やはり最初に少し無理をしてでも健康住宅を建てたいと思ったのでした。

人生でかかるお金がトータルで同じならば、
心地よく、幸せに暮らしたいに決まっています。
安い家を業者任せで作ってしまって、不健康・不幸せになるのは避けたいはずです。
なので、親の再三の説得にも、私は頑として応じませんでした。

それは打ち合わせを重ねて、あつこさんも、あつこデザインスタジオのスタッフも、
関連する業者さんも想いが同じだということを強く感じました。

想いや見ている方向が同じプロのサポーターさんとの打ち合わせは、
本当にストレスを感じなくて気持ちいいです。

言わなくても、分かってくれる。
想いを、分かちあえる。
こんなに幸せで豊かなことはありません。

順調に行けば年内に引越しができそうです。
本当に、本当に楽しみ♪

あつこデザインスタジオ 「私たちのあたりまえ」
[PR]
by bambi-boo | 2010-07-01 12:58 | 心地良く癒される家造り♪

風水が気になる!

社会人になって一度どかーんと心身ともにダウンして、
それからあまり調子の良くない日々が続き、
いろんなことを試してだんだんに良くなってきています。

最近ではフルフィルメント瞑想を始めて、いろいろ解放も起こって
辛いながらも良い方向に向かっているとは思います。

でも。

まだまだな気がするんです。(うわ~、でた!欲張りな性格!!^^;)

日常でのイライラや抑鬱気分が、あまり減っていないのです><

瞑想による解放、それもあると思います。
自分の中のものが出て行っているだけで、また元に戻るのも理解はしています。
でも不快なんですよね…><

いろんなことを学んでいる中で、選択の基準は「快」か「不快」かで選べばいいんだ
ということが解ってきたのですが、今おかれている環境は結構「不快」なのです><

もっと「快」の方向に行きたい!

瞑想中に抑鬱気分やイライラが出てきてもいいんですが、
瞑想中にはあまり不快な感情は出てこず、むしろ心地良い方が多いのです。

日常であまりにもイライラが続く場合は環境に原因がある…だったかな?

あ、今メール講座でアドバイスいただいたものを読み返したらちょっと違った^^;
「日常でイライラする時、その背後に必ず何か抑圧した
出来事や感情があります。」
ということです。

それから、
「瞑想を続けていけば抑鬱気分は出てこなくなりますか?」と質問した時に、
確か「外側の環境が変わらなければ同じように抑鬱気分が続くこともある」
というお返事をいただいたような気がしました。
(うろ覚えですのであまり参考になさらない方がいいかも^^;)

ということで、感じていながらしっかりと自分では認めていなかったんでしょうね。
住環境が不快だという事を。

以前ある人に以下のように話したことがあります。
「今住んでいる家が平屋で古くて周りを2階建て以上の建物に囲まれている。
表も裏も道路で、向かいのおばちゃんがいつも大声で雑談を長々としているし
年中騒音がし、静かな環境になくて落ち着けない。
しかもお隣さんは2階が玄関でちょうど
その階段を上るときに我が家の居間が丸見えで閉塞感とプライバシーのなさを感じる。
家自体の作りも家事を預かる主婦としては動線を描きにくくてとても使いにくい作りだ。
様々な原因でストレスを感じる」と。

しかし、「でもそういうことを言えばキリがない、どこにも住めなくなってしまいますよ」
と言われたことがあり、確かにそうだ、私はやっぱり我慢が足りないのか…と
その「不快」に感じる気持ちを押し込めてしまっていたのです。

でも日に日に募ってくる不満と不快感は無視できなくなってしまいました。

何より、こんなに情緒不安定になったのは結婚してからだと認識しています。
実家にいた頃はもうちょっと安定していたので、これは住環境も原因の一つに違いない!と。

そこで環境が人間に与えるストレスに関してちょっと調べていたら、
風水にたどり着きました。

風水って私はほとんど知らなかったのですが、
単なる占いやおまじないではないのですね!
東洋医学の陰陽五行思想の流れを汲む環境医学であり、
建築医学であり、環境科学であるそうです。
気功などのように体の気を調整して健康を保つのと同じように、
環境や家の中の気を整えてその中に住む人の
健康を保つようにするのが風水なのだそうです。
奥が深そうだと思い、少しずつ知識を蓄えて生活の中に取り入れようと思いました。

風水の基本はお掃除と整理整頓ということです。
ここ数日イライラと併せて抑鬱っぽい感じだったので
とにかく掃除といらないものを捨てまくりました。
それだけでなんだか気持ちよくなってスッキリした感じです。

なんとなく…こんな風に感じる…というこの「なんとなく」が大事なんだと思います。
ダンナなんかは仕事で家にいる時間も短いしあまり不快には感じないといいますが、
私は専業主婦になってから9割以上の時間この家にいるのですから、
快適に過ごせることは家族の健康を守るためにもとても重要です。
そんなことをダンナに訴えたら、「オレも気のせいとか言わないよ」と、
掃除・整理整頓に協力してくれました。

これからは嫌な感情が出てきたら、まず掃除!整理整頓!いらないものを捨てる!!
を実行して行こうと思います^^
これからどんな風に変わっていくでしょうか?もしかして引越しの話なんかも
とんとんと進んでいく状況を呼び込んだりして…^^楽しみです♪
[PR]
by bambi-boo | 2009-05-08 12:13 | スローライフ・ロハス

ヨガ教室初体験!

いつも通っている気功院の先生が、このたびヨガ教室を始めることになりました。

ヨガは日常的に気になっているというか、私にとっては身近なものです。
ですが、しっかり指導してもらったことはなく、本を見ながらとか、CDやDVDの誘導で
やったりしていました。

昨日体験レッスンに行ってきたのですが、なんと他の人がキャンセルになったとかで、
マンツーマンになってしまいました^^;(まずい、あんまりずるできないじゃん…なーんて^^;)

最初は座り方と呼吸法。

完全呼吸…鼻で吸って鼻で吐く腹式呼吸。お腹~胸~肩まで息を吸い込んで逆の順に
吐いていく。普段はこんな呼吸はしていないので、完全呼吸を何回かやっただけでも
体が温まるようでした。

続いて最初のポーズは立ち木のポーズ。
どうも利き足でない左足で立つのはなおさら苦手で、最後まで全然立っていられませんでした><
立ち木のポーズは以前本を見て練習したことがあって、何日も連続してやったときは
だいぶ上手にできていたんだけど、まったくできなくなっていましたorz

次は戦士のポーズ。
ふとももがきつ~い!!苦しくて呼吸は乱れまくり!!
でも体と意識は切り離してくださいって。
身体はきつくても心はにこにこしていましょう・・・って無理です~><

そして太陽礼拝。
これは本で見ただけではよく分からなかったのですが、呼吸の仕方とか、ポイントとか
教えてもらえてよく分かりました。中盤のダウンドッグ(山のポーズ?)~コブラを
5回くらい繰り返して練習したのですが、私は最近はほとんど運動らしきことを
していないのですごく体も硬いし筋肉が衰えていて本当~にきつかったです^^;

それから…ねじり系と魚のポーズ、スキのポーズ~自転車こぎのようなポーズ…と
火の呼吸のような?ナントカカントカという(笑)呼吸法とでみっちり90分教えていただきました。

最後は屍のポーズで締めくくり。
このときとても寒かったからかな?今なんとなくのどが痛いです…^^;

普段何も運動していない人がいきなりこんなにしっかりアーサナをやるなんて…
いますっごいことになっています。
全身ひどい筋肉痛&倦怠感です><

インナーマッスルを鍛えるということなのですが、もう少し楽にできるようになったら
もっとレッスンも楽しく続けられるかな?
そして、気力アップも期待しています。

とりあえず3月いっぱいくらいは無料でレッスンしてくださるとのことなので、
都合が付く限り行ってみよう…か・な~と思います(自信なし^^;)。
[PR]
by bambi-boo | 2009-02-23 19:54 | スローライフ・ロハス

啓蟄を過ぎて

やっと、暖かくなる兆しが出てき始めました^^

天気予報でもこれから数日間は暖かいって♪

今冬はなーーーんとっ!
一回もウィンターブルーに陥らなかったんですっ!

この上ない嬉しさです♪

ここ6~7年、冬は過眠・過食・鬱・鉛のようなだるさ…と大嫌いなシーズンでしたが、やっと大復活!!高校・大学生の時のようなバイタリティが戻ってきつつあります♪本当に嬉しい♪♪

いろいろやっていることの結果がでてきたのかなぁ~♪♪
[PR]
by bambi-boo | 2008-03-08 12:06 | ひとりごと

父親の緊急入院

おとといの木曜日、朝ちびを預けようと実家に行くと、父親の車がない。

「こんなに早くからどこに行ったんだろう?」
と母に聞くと、

「胆石が痛み出して、病院に行ってる」
との返事。

もう4~5ヶ月ほど前になると思いますが、お腹が痛いので最初に見てもらった病院ですでに胆石があると言われていました。

手術した方がいいと言われていたましたが、薬で良くなるならと、投薬を続けていました。ただ、次に痛み出したらその時は手術だと。

それでその痛みがきてしまったようです。

最初の病院がたまたま休みだったので、実家に一番近い社会保険病院に。

昼前に職場にいた私に電話がかかってきて、
「すぐ入院するように言われて30分ほどで戻って来いと言われたから、悪いけど洗面用具を買ってきてくれる?」
と母から言われました。

母は車の免許を持っておらず、足がありません。
私も幸いまだ有給などが残っているので、早退しました。

この時点では担当の先生がなかなか戻ってこず、すぐに帰ることに。

夜になって妹が仕事を終えて再び母と一緒に病院へ。
執刀医から説明を聞いてきたそうです。

診断名は総胆管結石+胆石症。
「胆石が胆管につまり、胆汁が逆流しているせいで肝臓がかなり弱っている。
このままだと肝臓が危ない。肝臓が危ないと言うことはもっとやっかいなことに治りも悪いし最悪の場合は命取りになる。従って胆のうを摘出するのが望ましい。」
との説明でした。

胆のうを取ってしまうということに、私も妹もかなり引っかかりました。なぜなら、東洋医学ではいらない臓器などないからです。盲腸だって、子宮だって、悪くなったら結構簡単に取ってしまおうとする現代の治療法はあまりよろしくないみたいです。摘出することによる心身のダメージがどれほど大きいことか。摘出することで毒出しの排出先として他の場所が悪くなったりするのです。根本が治らなければ、どんなに臓器を取ったってだめなんです。

それを考えるとかなり悩みましたが、かなり切羽詰っている状態だし、胆汁を溜めておく貯蔵庫という役割だから、摘出するデメリットはほとんどないと説明されたそうです。
それに、胆石が1個や2個ならいいけれど、胆のうに予備軍がたくさんあるとのことで、交通渋滞を起こしているようなものだと。だから手術を勧めるそうです。

もう少し時間的に余裕があり、父がもう少し若かったら手術をやめたかもしれません。でも今はこれが最良の選択かな…

食事をすると胆汁を作ろうとして痛むので、今は点滴で栄養を摂り、絶食・絶飲状態だそうです。

今まで父が嫌いだったけれど、少し前に鏡の法則に則り自分の本音を伝え、普通に会話ができ始めてきた矢先の出来事でした。

痛みさえなければ元気ですが、病院のベッドで点滴につながれている父を見るのは辛いです。

父がこのような状況になったことで、本人も含め、家族の個々人がここから何を学ぶべきか、気づかなければなりません。
[PR]
by bambi-boo | 2007-09-15 22:32 | 日常