ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

出産レポ その4 ~ICU(?)へ~

(追記 1月29日 20時17分現在…レポを書くうちに記憶違いに気づいたり
忘れていたことを思い出したりしてだいぶ加筆・訂正しています。ごめんなさい。)

点滴と導尿カテーテルを挿管されてICUらしき部屋へ移動。
(ICU?GCU?HCU??とにかく車椅子で連れてきてもらい、
その後二度とこの部屋には戻らなかったので良く分かりません^^;)

隣はカーテンで仕切り、帝王切開の手術を終えたばかりらしい
方とその家族がいらっしゃいました。

そこでは、帝王切開をすることを前提としたさまざまな検査が必要で
いろんなスタッフの方が入れ代わり立ち代わりで検査を次々と
していきました。そして問診も。
主人も娘も早朝の助産院に行くところからずっと一緒に来てくれて、
私が救急車で搬送されている間、自分たちの車で来てくれていました。

そして、手術をするとなると家族の同意が必要なので、
この手術におけるリスクやどんな経過をたどるのかなど
医師から詳しい説明を受け、サイン・押印の作業に追われていました。

帝王切開は比較的簡単な手術とはいえ、やはり考えられるリスクの
説明を受けると最悪の事態を考えてしまいます。
出血がひどくて輸血が必要になるとか、出血が止まらず
死に至るとか考えちゃいました…

ここ数年は楽観的・ノー天気になってきた私でも、さすがに不安になりました^^;


問診を受けながら胎児の心拍とお腹の張りの強さをモニターする監視装置を
しばらくつけていました。(分娩監視装置というのかな?)

ここへ運ばれてくる間の救急車の中から陣痛が復活し、
その後も同じくらいの間隔で続いていたような気がします。
この問診中の陣痛もそのくらいのままで、でも少し点滴で
落ち着いてきた感じがしました。

しばらくしてモニターがはずされたあと、
最初の女医さんとは別の女医さんが来て説明をしてくれました。
今回の切迫早産の原因は感染症の可能性が強く、一番多いパターンみたいです。
実際感染症の数値が高く、ぎりぎりのラインらしかったです。
それと血液検査の結果で先生たちの話し合いの結果、
とりあえず今日のところは手術をしない方向になったようでした。
しかし毎日の検査でひっかかるようだったらそのときは手術だと。
一日一日そんな感じでクリアしていき、なるべく長くお腹の中に入れて
おきましょうという方針になったようでした。

夕食が運ばれてきたタイミングがいつ頃だったか忘れましたが、
これでとりあえず今日は手術を免れた、良かった~とほっとしていました。
(手術が確定していたら、絶食絶飲のはずなので)
確かこのくらいのとき「痛くなったら我慢しないですぐに知らせてくださいね」
と言われていたような気がします。

お腹に力を入れるのが怖いのでベッドを起こし、食事を食べようとしましたが
全然食欲がなく、ダンナと娘がほとんど食べました^^;
その間にまた陣痛が(本当に陣痛らしい陣痛が)再来して、
食事はもうおしまいにして身体を横にすることにしました。

間隔が長くならず、痛みもだんだん増してきたため
ナースコールをしました。
ここでウテメリンともうひとつ点滴を追加することになりました。

「もうひとつの点滴をゆっくりゆっくり入れていきますからね」

じゃあ、点滴が徐々に効いてきて、張りの間隔がだんだん長くなっていって
これから点滴管理・絶対安静の長い日々が始まるのね…と覚悟していました。

7時半になり、面会時間が終了なので、家族は帰りました。

つづく
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-29 06:55 | 日常

出産レポ その3 ~嘱託病院→大学病院へ救急搬送~

不安が募ってきたためか、また陣痛が復活してきて気が気ではありませんでした。
そんな中で唯一の救いは、またもや同乗してくれた助産師さんが
普段と変わらずに動揺せずに適切な対応をしてくれていたこと。
「おしものほうがもぞもぞしない?」
「背中痛くない?大丈夫?」

そして、私が陣痛で顔をゆがめ痛そうにしていると
子供が出てこないようにおしりを押さえてくれていました。
「今、○○を過ぎたところだから、あと○分くらいで着くね」
と落ち着かせてくれました。

ただ助産師さんの
「守ってあげられなくてごめんね」
の一言に私はぐっときてうるうるしてしまいました…
これは私に言ってくれたのか赤ちゃんに向けて言われたのか
分かりませんが「いいえ…そんなことありません」
と小さく返事をするのが精一杯でした。

助産師さんはさっきの嘱託病院から「一応」と、救急救命用のケースを持たされていました。
でも手動の人工呼吸の道具やチューブなどがあっても、
救急車の中で産まれちゃったら、これで助けることはできないと言っていました。
未熟児にはどれもこれも大きすぎて役に立たないのだそうです。

それを聞いたら、一刻でも早く病院に着いて安心したいと思いました。

病院についてすぐに診察室へ。
この状態で診察台(仰向けになって足を乗せるタイプの内診台)
に自分で上がらなければならず、子供が出てきやしないか冷や冷やしました。
(追記(訂正です):内診台に上がるのはストレッチャーから移されました。
降りるときは自力で降りて車椅子に座ったんでした^^;)

その時診察をしてくださったのは若い女医さんと若い男の先生。
女医さんは事務的に説明をしてくれました。

「嘱託病院の先生の見立てどおり、子宮口が4~5cm開いていて
やはりこのままではまずい状況ですね。
おりものもきたないし、感染症の検査や採血して血液検査の結果を見ないと
どうなるか分かりませんが、おそらく帝王切開になるでしょう」

とまくし立てるように言われました。

しかし、本当にそれしか道はないのでしょうか?疑問に思ったので
「絶対に帝王切開をしなければならないんですか?」
と聞いたら、
「あたりまえ。おりものもきたないし、この週数で下から産んだら
頭がパーになっちゃう!」
と身も蓋もない返事。

不安で動揺している患者にそういう言い方はないんじゃ…と
内心悲しくなってしまいました。

そんなやり取りをしている間に点滴と周辺の機材をこの病院のものに変えてくれました。
点滴の袋を見ると、ウテメリン3Aで40滴/分(?)になっていました。

つづく
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-28 18:32 | 日常

出産レポ その2 ~助産院→嘱託病院へ救急搬送~

救急車に乗るのは確か2回目。
最初は学生時代に北海道で。講義を受けてるときに
生理痛があまりにもひどくて意識が朦朧として…でした^^;

さて救急車に乗るとき、隊員は3人でとてもてきぱきと行動していました。
名前を確認され、生年月日・症状を受け入れ病院に連絡していた模様。
人差し指の先に心拍数のモニターにつながるクリップを挟まれ、
血圧も測られました。助産師さんも同行してくれました。

病院に着くまでの間、まだ急を要する状態ではなかった(?)ので、
私と助産師さん、救急隊の1人の3人で和やかに話をしていました。

病院に着くとすぐにストレッチャーのまま産婦人科の診察室へ運ばれました。

この前も対応してくれた看護婦さんがすばやく丁寧に対応してくれました。
その後先生による内診。
この先生はまだ今回で2回目なのですが、面白い先生で、
冗談を言ったりノリの軽い(と言ったら失礼かも^^;)先生です。
しかしその先生が内診をしたとたん
「お~っ!!?」と驚きの声を発し雰囲気が一変しました。
「早く早く!内診台のふた閉めて!ストレッチャー!!」
「それから点滴120に上げて!!」

私は何が起こったのか良く分からず…
「どうしたんですか!?」
の質問になんて答えてくれたかあまり覚えていないのですが…

何か出てきたって言ったかな?
後で助産師さんに聞いたら、子宮頚管のなんとかかんとか…
(結局私には良く分からず)で、それは別に問題ないみたい。

しかし本当に問題だったのは、子宮口が全開ということ!
(普通全開大って10cmですよね、それがこの週数では4cmくらいで
全開と言うそうです。このままでは子供が出てきちゃうと。)

だから慌ててストレッチャー!って叫んでいたんだ…

そこから先生の顔色が変わり慌しくなって…

「うちではこのままでは助けられないから、NICUのある
大学病院に救急搬送します。」

「う~ん、難しいなぁ」
と先生。
(えっ?何が難しいの!?)

私のほうへ向き直って、
「これは機材がそろっていればおそらくどんな先生が処置しても
結果は変わらない。子供を助けるのが最優先だから、母体は
どのような処置になっても文句を言わないで」
…というようなことを言われた気がします。

ということは、緊急帝王切開か?
お腹を切るのはずっと絶対嫌だと思っていたけれど、
子供の命のため、安全に娩出するためにはそれが最善なら…

など、いろいろ考えている間にNICUのある病院に連絡を取ってくれていました。
しかし最初の返事は
「病床がいっぱいで受け入れができない」
と拒否されたようでした。
(これは誰が電話に出てもそう言う様にマニュアルがあるみたいですが…)
それとお金のことを言われたみたいで…
(1月28日現在・今となっては大変お世話になったので悪く言いたくはありませんが)

しかしここの先生が
「そんなことより命が一番大切でしょう!!」
と一喝してくださったおかげで、受け入れてくれることになったようです。

その時、「受け入れ拒否のため病院をたらいまわしされ…母子共に死亡」
というフレーズが脳裏をよぎりました…
(私もニュースになっちゃうんだろうか…いや、絶対そうならないようにお願い!!)
受け入れが決まるまでが私の不安の1回目のピークでした。

受け入れが決まり、救急車を呼んだのですが最初に来た救急車は
古い車種のため、クッションが悪くでこぼこ道では突き上げてしまう。
この状態でそれではかなりまずいとのことで、状態の良い救急車が
到着するまで待たされることに。

「とにかくバケツの底が抜けているような状態だから、速さよりも
なるべく揺すらないで搬送して!!」
と先生の言葉。

事態はいつの間にか急変していて、私、かなりやばい状態!?と
動揺していました。

新しい救急車が到着するまで気分的に長いこと長いこと。
そしてようやく救急隊が到着し、またもや救急車へ。
しかし救急車に乗ってからがまた長かった…
何かでもたついていてなかなか発車しない。
(早くしてー!!早く病院に連れてって!お願いー!!)
また名前を確認し、血圧、心拍モニター、さらには心電図まで。

つづく
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-28 14:32 | 日常

出産レポ その1 ~自宅→助産院へ~

まさか、自分の身にこんな事が起こるとは思ってもいませんでした。

次々に起こる不測の事態に翻弄され、
まるで「救急救命24時」などのドキュメンタリー番組の
当事者になってしまった気分でした。

(…っておおげさでしょうか^^;)



1月7日の早朝、3時ごろ。腹痛で目が覚めました。
年末頃からお腹がよく張っていて、2~3日前からは
ちょっと痛みも出てきた??と思っていました。
前の日は1日中しんどくて、少し痛い気がするとすぐ休むように
していました。

それが早朝になって携帯の時計とにらめっこしていると…
痛みを伴った周期的な張りが10分~15分おきぐらいにある!
これはもしかして…陣痛!?えっ、まさか!?まだ28週だよ…!!
切迫早産ってどんなの!?と思い、布団の中で切迫早産について
あれこれ調べ…そうこうしている間にだんだん間隔も短く
痛みも増してきた感じ!

これはさすがにまずい!と感じ、ダンナを起こしてすぐに
助産院に行きました。
電話すると入院の支度をしてすぐに来てくださいとのこと。

助産院についたときには痛みの感覚が5分間隔くらいになっていて、
切迫早産なので子宮収縮抑制剤の点滴をすぐに開始しました。

ウテメリンを1A(1アンプル)で30滴/分(?←単位合ってるでしょうか?)
でやってみて、しばらくしたら間隔が1時間とか1時間半に1回になり、
点滴でコントロールできることが分かりました。
内診してみて、子宮口も開いていないからひとまず安心。

6時ごろ助産院に着いて、8時ごろ陣痛が始まった他の産婦さんが
きて、出産が終わるまで私はベッドで点滴を続け、11時くらいになりました。

点滴でコントロールできるのならたいしたことはないのかな?
じゃあ、これから病院で検査して大丈夫ならこのまま家に帰れるのかな~?
なんて、のんきなことを思っていました。

「点滴でコントロールできることが分かったけれど、
この場合は嘱託病院に救急搬送しなくちゃいけないことになっているので」
と言われ、搬送される前にトイレに行きました。

すると、生理のときのような鮮血がペーパーにべったりと…
(さっきの内診の刺激で出血したのかしら…?)

でも助産師さんはあわてる様子もなく、ほどなく救急車が到着して
ストレッチャーに乗せられました。

つづく
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-28 12:50 | 日常

オークション出品中~一部の写真を撮りなおしました。

またまた在庫のみの出品で新柄はないのですが><

いまいちな写真になってしまっていたものを一部
撮り直して出品しています。

お客様からよく「写真で見るよりかわいい!」とお褒めの言葉を
いただくことがありますが、それは…撮影の腕と画像処理が
下手なのです~~><

今回は重い腰を上げ、なんとなく敬遠していたデジタル一眼レフで
撮影してみました。
サイズも大量に一気に縮小できたり、画像処理も少し前から
より簡単にできるものに変更したおかげで
出品作業もだいぶ楽になりました^^

今回画像処理をしてみて、今まで使っていたカメラの画像より
ほとんど手を加えずに実物にかなり近い色合いや質感を
出すことができ、かなり負担が軽減されました!

しかしオークションに画像をアップすると劣化するので、
今までの画像と粗さが変わらない気が…orz

とにかく!
自宅でいつものテーブルで撮れましたので
統一感はあります^^

f0035112_12211164.jpg


またオークションにきてくださいね^^
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-28 12:21 | ハンドメイド

オークション再開です

緊急入院のために早期終了してしまっていた作品を
またオークションに出品しています。

変わり映えはしませんが^^;よろしければまた見に来てくださいね☆

オークション!
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-19 11:02 | ハンドメイド

帰ってきました。

1月7日に出産、11日に退院、そして1週間の実家での静養を経て
昨日自宅に帰ってきました。

おかげさまで、息子も私も順調に回復しています。
私自身は1人目の出産の時と大違いで、もう普通にすたすたと歩けるし
産後3日目くらいから普通に座れるし(笑)、
いたって元気です♪

寝るのが大好きな私には3時間おきの搾乳が結構辛いですが^^;

NICUに入院している息子に毎日お弁当を届けてあげなくちゃ。と
眠い目をこすりつつ震えながら搾乳してたりします^^;

でも時々、夜長寝してしまい、朝起きたときおっぱいがかっちんこっちんに
なってて痛くて痛くてとんでもないことになってることも><

息子が帰ってきてもスムーズに母乳育児ができるよう、
今サボるわけには行きませんよね^^;

搾乳、食事の準備、食事、片付け、上の子の相手、病院に通う、
空いた時間に寝る(笑)など…と
なかなか時間が取れなくて、個別にメッセージやメールをくださった方には
なかなかお返事ができなくてゴメンナサイ。

ゆっくりお返事させていただきますのでどうか気長にお待ちくださいね。

まずはご報告まで。
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-18 10:22 | 日常

産まれてしまいました~!

この時点で書くかどうか悩んだのですが…

産まれてしまいました!

前回の記事で切迫早産になったら…なんて書いていて、翌日にホントの早産になってしまいましたorz

28週4日、1240gの男の子です。

極低出生体重児なので、即NICUに入りました。

しかし想像よりずっと元気で、産声も大きく、頑丈そうなのでひとまず安心しました。

最初の72時間がまず正念場とのことで気を抜けませんが、どうしようもなく楽観的なのですf^_^;

このまま、順調に元気に大きくなることを信じて疑っていません。
無理に信じようとしているわけではなくて、心の深いところでそう感じているようです。
私もまだ入院中ですが、今のところ母子共に元気です。

ケイタイからのアップなので、また詳しい出産レポは退院してからにします。

また、しばらくはメール・コメント等のお返事ができないかも(かなり遅れるかも)しれませんが、お許しください。

オーダー製作受付も、本当に急で申し訳ありませんが、しばらく休止させていただきます。
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-09 08:55 | 日常

助産院レポ 

やっとやっと、助産院レポがかけます^^;

通い始めた頃はそんなに行くことがなかった(血液検査などを病院でして来てくださいなど)
ことと、つわりがひどかったために。

そしてつわりが良くなってきてからも気力が復活するまで長かった~><

その後はなぜかうまく時間が作れず><

前置きは良いとして。

年明け早々、1月2日の夜、定期健診に行ってきました。
27w6d。翌日から8ヶ月です。自分のことながら早~い!

↑このことからも分かるように、すごく融通が利くのです。
普通に夜、定期健診の予約を受け付けてくださるし、
年末年始も関係ない。
もちろん家族みんなでエコーも見せていただける。
完全予約制なので待ち時間もなく心配なことや気になることも
とことん聞いてくださいます。
数年前まで総合病院に勤めていらしたので裏話もちらりと
お話してくださったり^^;

最初の頃、夜診察していただきたいと恐る恐る(?)聞いてみたら
あっさりと「いいですよ~^^」と快諾していただけて、
それ以来特別なことがない限り家族みんな(ダンナと娘と)で検診に通っています。

「普通に夜の定期健診を受け入れてくださっているのですか?」
と質問したら
「そうですよ~^^仕事帰りにこられる方やご主人が仕事終わってから一緒に来られる方
いろいろいらっしゃるけど、そうじゃないと(妊婦はもとより、家族の要望も受け入れられないのでは)
意味がないでしょう?」

一生にそう何度もある訳ではない妊娠~出産期間をとても大事に思ってくださっている
ということですよね。

産後も家族で泊まることができるそうです。
その場合、パートナーの食事は出ないそうですが。

中期と後期に一度ずつ嘱託の病院に行かなければならないのですが
そこにも一緒に行って下さいます。
しかもその総合病院の方々、総合病院の職員らしからぬ
なんともアットホームな感じの対応でとても安心して受診できました。
もちろん出産に対する考え方でももう一つのほぼ距離的には変わらない
総合病院とは全然違う、進んだ考え方なのだそうです。

病院の行き帰りの車の中で、病院の裏話など聞くにつけ、
この助産師さんは本当に妊婦とその家族の真の幸せを願い、
儲け主義的ではなくて、「助産師」が天職なのだな~と感じました。

そうでなければ、こんな昼も夜もない、肉体的にも大変な職業、できないですよね。

この助産院で出産した方の中に、産んだ直後から
「またここで産みたい♪」
とおっしゃる方が多いそうです。
すごく納得!です。
それだけ、感動的なお産のサポートをしてくださっているんだろうなぁ
というのが想像できます。

肝心の出産も、アクティブバースとのことで、
「どんな風に出産したいですか?」と
当たり前のように聞いてくださいました。

最初の検診のときからアクティブバースの説明は聞いていて、
お産が進むにつれ、その時その時の状況に(骨盤の状態など)に合わせて
体位を楽な格好にさせてくれたり、精油を焚いたりさせていただけるようです。

もちろん、正常な分娩のみしか扱うことが許されていません。
私は今のところ、小さな小さなトラブルはあっても順調にきてくれているので
助産院で産める!とわくわくしています。

しかし、いつ何時どうなるかわかりません。
切迫早産だったり、逆子が治らなかったら、助産院で産む事が叶わなくなってしまいます。
ちなみに、今回は逆子だといわれてしまいました><
だからお腹が張りやすいとも。
でもまだ約28週なのでかなり楽観的です。どうにか治るでしょう。

第1子がごく普通の産院でのルーチンな分娩介助、
さらに分娩台の上での不自然な姿勢の
(仰向けでの出産は病院なら普通だと思いますが自然な形ではないそうです)
辛いお産だったので、余計に自然な形でのお産に強い憧れがあります。

第1子からこの助産院で産みたかったな~と思いましたが、
その当時はまだ開業なさっていなかったのでした^^;
つい2~3年前の開業だそうです。

静岡県東部・伊豆地方にお住まいの方にはお勧めです^^
桃太郎助産院さんです。
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-06 10:29 | 日常

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もご縁のあるみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

ほぼ毎年、「良いお年を~!」と〆の記事を書くんですが
今回はなぜかあわただしくてできませんでした!><

時間の作り方、使い方、気力体力を整える、これが今年の大きな
課題であり、目標かもしれません。

…あれ?前から考えていた「1年の計は元旦にあり」を書こうと思っていて
今突然思いついたほうを先に書いちゃった^^;


昨年から考えていたのは
「人のせいにしない」…現状の原因を作っているのは自分、だから何か行動を起こしたことの
責任は自分で取る。(=結果を受け入れる)

当たり前のようで、他人や周りのせいにしてきたこと、たくさんあります。
でも「責任を取る」ことを意識し始めてから、やはり言動・行動には気をつけるようになったし
良い言葉を発さなくちゃな、と毎瞬毎瞬反省してます。
それに、感謝することもまた増えました。

未来はその瞬間瞬間の行動・言動が創っている、
その積み重ねで自分で人生を創っているんだということが
解って来た1年でした。
幸せな人生も不幸な人生も自分で創っているんだ…
それを今年から活かそう。

「考えるより行動しろ!」
これも昨年1年でかなり感じたことです。
考えてるだけじゃ何も身につかないし何も進展しない。
まずひらめきやハートのワクワク感に気づいたら
ある程度は頭で考え、とにかく行動に移す!
やりたいこと、やらなきゃならないこと、どんどんやる!
どんどん行動していく1年にしたいです。

「感謝・ありがとう」
これ、振り返るとできてないことばかりでした…
まず、「当たり前」と思っているとなかなか気づかないことが多いですが、
ちょっと立ち止まって考えてみると、
今感じている幸せはこれがあったおかげなんだ、この人のおかげなんだ
と謙虚に感謝できることが多いと思います。

マッキーの歌じゃないですけど、
『あたりまえ』から『ありがとう』
『ごめんじゃなくてありがとう』

「ありがとう」に視点を変えたいですね。

「制限しない」
これは以前書いたかもしれませんし、「人生は自分で創造している」
に通じる部分があると思いますが…
心の中で「これは無理だな~」とか「やっぱりだめだぁ。」
とひとりごとをぶつぶつ言っていることって多くないですか?
これ、すごくもったいないな~と思ったんです。
自分の可能性を狭めているのは自分。
できるし、もっと良くなる!良くする!そう自分に言い聞かせて
前向きに生きたいです。

それから…いろいろあっても守るのは難しいですけど^^;
昨年から始めて一生の目標、「赦(ゆる)す」。
どうしても、ど~~うしても、父親を受け入れることが難しい。
父親の中に自分自身を観ている部分も多いのでしょう…
父自身成長するチャンスがなかったのかもしれませんが
(いやいや、何歳からでも成長はできる!と思いつつも…)
自分が成長して赦せるようになればいいのかなぁ。
傷つけているのが分かってて素直になれない。

まず父親との関係を穏やかにしていく。
今年の課題です。
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-03 07:29 | ひとりごと