ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

備えあれば…

先日、よーぜふが
「亡くなった親父が夢に出てきて、地震に対する備えはできているか?と聞かれた」と言っていた。
彼は霊感など全くないが、夢にお義父さんが出てきたのはこれが初めてだったし、かなりリアルな夢だったらしく、いつも先送りしてきた地震対策を猛然と進め始めた。

その様子を見ていた私もなんだか本当にすぐにでも大地震が来るような恐ろしさを感じ、とりあえず今日、子供のものと自分のものだけ、リュックに詰めた。
今日が阪神淡路大震災から11年の日という事もあるが、このところ毎日のように大地震を取り上げた番組を見る気がする。

本当に怖い。せめて準備万端整うまで、起きないで欲しい。
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-17 20:09 | こころ

油断した…

先日ポストに入っていた電気代の請求書。
なんと12,000円を上回っている!

先月は厳しい寒さに加え、小さい子供に風邪をひかせてはならないと、オイルヒーターをがんがん使っていたのが原因だろう。

それに、一時期はとりつかれたかのようにあちこちの電源を切ってまわっていたのに、最近はだいぶルーズになっていたからなぁ…

また気を引き締めよう。
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-17 19:50 | ひとりごと

大雨だぁ…

今日は朝から雨。夕方からは雷を伴っての大雨。

天気が悪い日はなんとなく元気が出ません。
頭痛がして、何もやる気がしません。

子供と一緒に2時間も昼寝をしてしまいました…。

天気が悪いと頭痛がしたり、気分が落ち込む人は結構いると思います。
昔は雨の日も冬も好きだったのに、このところは両方とも嫌いです。
ところがよーぜふは全くそういうものに左右されず、いつもにこにこ元気いっぱいです。

うらやましー…

天気とか日照時間とかホルモンとか脳内物質とか
そういうものに振り回されない人になりたい~~!!
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-14 18:49 | ひとりごと

涙もろくて困っちゃう…その2

↓の「涙もろくて困っちゃう」で、「歌を歌っていても泣ける」と書きましたが、それはマッキー(槇原敬之)の歌を歌っているときが多いです。彼の歌は特別うまいわけではないけれど(マッキーごめん!)、歌詞にものすごく感動するのです。
昔から彼の曲はメロディアスで好きでしたが、あの事件を起こしてからは、哲学的、道徳的、そして自虐的とすら思えるような歌詞の曲を作ることが多くなりました。

最近の曲では「僕が一番欲しかったもの」。
前半では
「僕が素敵なものを拾うと他の誰かが現れて、その人は僕以上にその素敵なものを必要としているからあげることにした」
というフレーズを繰り返し、転調することで泣きモードにスイッチが入り、
「僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それをみた時の気持ちが僕の
探していたものだと分かった」
最後に、
「今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾うことができた」
で締めくくっています。
ここまでくるともう歌えなくなるどころか、いつも涙でぐちゃぐちゃになってしまいます。

要するに、「情けは人のためならず」ですよね。
最近では「情けをかけると人のためにならない」と勘違いして理解している人が多いと聞きましたが、残念なことです。本来の意味をぜひ知って欲しいな、と思います。

…今もこれを打ってる間に眼がかすんできました。おかしいですかね^^;?

もうひとつ、「君の声を待つ夜」。

「君の熱がやっとさがって、だんだん回復してきて、辛そうな君には悪いけど僕は君と生きている幸せを感じているんだ」
「あの時熱を出した僕に君がしてくれたように
早く良くなることだけを心から願えている」
と言う前置きがあって、
ここからです、泣きポイント!!

「同じ気持ちを分け合うことはできないかもしれないけど
分かろうとすることが何よりも大事だと君は教えてくれた
思い出せる痛みがあることで誰かにやさしくなれるのなら
僕も風邪をひいたことがあって本当に良かった」

この部分は当時鬱を患い回復期にあったときに聞いて
「まさに私の気持ちを代弁してくれている!」
と思ったものでした。
鬱になったことも決してマイナスじゃない、何か得たものがあったんだ、とも思いました。

他人の辛い気持ちを完全に理解することなんて不可能です。
でも、その辛い気持ちに寄り添い、理解しようと努める事で優しくなれることもあるんです。
今まで生きてきて、いろいろ経験してきましたが、やはり経験していないことはわからないんです。そちら(相手)の世界、立場に実際になってみないと本当に理解することができないことってたくさんあるんだな…と改めて思い知らされた曲でした。
だから、ある一面だけを見て頭ごなしに否定したり、軽はずみに答えを出してしまうことをしないように心がけなくちゃ、と思います。
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-12 15:03 | こころ

涙もろくて困っちゃう

最近、やたらと涙もろいです。
正確には、鬱を発症してからかな。

今は全く鬱の症状はなく、毎日楽しく過ごしていますが、涙もろいのは加速しているような気がします。歳をとったせいもある!?

ニュースを見ていて悲しい事件がおきると泣く、
ドラマに限らずテレビを見ては感動して泣く、
NHKの朝の連ドラで毎回泣いたこともあったし、
歌を歌ってると泣けてきて歌にならなかったり…

よーぜふと一緒にテレビを見ているとき、このシーンできっと泣くだろうなというとき、彼は私の顔を覗き込みます。
「やっぱり。」

話の流れから言ってここで泣くだろうという予測が付く場合は彼も理解できるらしいのですが、ほとんどテレビの前にいなかったのにもかかわらずあるワンシーンだけで泣いたりすると
「??なんで~~??」と言います。

いーじゃん!泣けちゃうんだから!
あなたもこの感受性を見習いなさいよ~
泣きなさいとは言わないけど、感動すること、感受性を大切にすれば、きっともっと心が豊かになって楽しく暮らせるし、仕事(特に営業や接客)の時に役立つから…
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-12 14:15 | こころ

3人目のおばあちゃん

3人目のおばあちゃんというのは、血のつながりはないけれど、私を本当の孫のようにかわいがってくれるおばあちゃんです。

大学生のとき、北海道の大学に行っていたのですが、漁師さんちで帆立貝の稚貝の選別などのアルバイトをしていたことがあります。そのときお世話になっていたのがこのおばあちゃん。

卒業して8年ほど経ちましたが、毎年お中元やお歳暮、年賀状のやりとりを続けています。今年も例年のようにみかんを贈り、年賀状で子供が生まれた報告をしたところ、今日第2弾の贈り物を頂いてしまいました。たべきれないほどのごちそうがとどきました。新巻鮭やいくら、すじこ、ホタテの貝柱、などなどみかんとは比べ物にならないくらい高価な物。

でも、一番嬉しかったのは、いつもおまけにたくさん入れてくれるおばあちゃんの手作りのつぶ貝の佃煮です。それを見た瞬間、あったかい気持ちが伝わってきて、なんというか、胸がじ~んと熱くなりました。本当のおばあちゃんはもう2人ともいないけど、私には3人目のおばあちゃんがいるんだ、幸せだな…って。

この数年でパソコンが普及してものすごいスピードで便利な世の中になってきましたが、人と人とのつながりが疎遠になってきた感があります。今日のような感動を味わうと、アナログのコミュニケーションをもっと大切にしたいと思う気持ちが強くなります。

おばあちゃん、ありがとう、いつまでも元気でいてね(^-^)
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-11 16:43 | こころ

ウィンターブルー

今年に入ってからまともに朝起きれたことがないかも…llllll(-_-;)llllll

ウィンターブルーについての説明を引用します。

「なんとなく冬に向かってもの悲しくなり気持ちがすさむ。ウィンターブルーですね。
ここでウィンターブルーについて症状を考えてみましょう。
 □冬に向かって気持ちが沈むことが多い。
 □積極的な気持ちになれない。
 □考えがスムーズに進まない。
 □仕事や日常生活でミスが起きる。
 □人間関係のトラブルが発生する。
 □睡眠時間が長くなる。
 □熟睡感が得られない。
 □甘いものを多く食べるようになる。
 □炭水化物を好む。
などの症状があるようです。思い当たる人。もしかするとウィンターブルーかも知れませんね。」

「季節性感情障害(SAD)のひとつ「ウィンターブルー(winter blues)」。
その症状をまとめてみると
 (1)感情の変化
 (2)睡眠の変化
 (3)食欲の変化
この3点になります。」

「ウィンターブルー(winter blues)の原因のひとつとしてあげられる脳内物質メラトニン減少説以外に、光り減少説もあります。私達の身体には生体時計(体内時計、生物時計)がありますが、「光り」がこの時計と密接な関係を持っています。しかし、冬になると光量が減少します。その結果、生体時計に影響を与え生体のリズムが乱れるのです。これが原因と考えられています。」

「ウィンターブルー(winter blues)からの脱出のひとつの方法として、太陽の光を利用する方法があります。特に朝日。朝の光を身体いっぱいに浴びる時間を持つことです。このことで生体のリズムがよみがえります。季節性感情障害(SAD)のひとつであるウィンターブルー(winter blues)。先ずリズムをよみがえらせることで脱出できるのです。 」

…だそうです。
私の症状は、冬に向かって気持ちが沈むことが多い、積極的な気持ちになれない、睡眠時間が長くなる、熟睡感が得られない、の4つが当てはまります。

私が住んでいる辺りはここ数年は氷点下になることはほとんどなかったのに、この冬は20年ぶりの厳しい寒さだそうで、連日朝は氷点下。子供がまだ小さいこともあり、寝室の雨戸を閉め切り、カーテンも遮光カーテンにして暖房効果をあげているので朝になっても真っ暗です。

それに、冬は居間には2~3時間ほどしか陽が入らず、午後1時半には暗くなってしまいます。そういえば、実家は日当たりが良く、その頃は夏も冬も寝起きや気分にはあまり差がなかった気がするけれど、結婚を機にここへ引っ越してきてから、顕著にこの症状が出ています。

朝日をたっぷり浴びれば良くなるというのは知っていましたが、起きれないんじゃ朝日も浴びれないし…。と思って諦めていましたが、今日、「1時間くらい窓の外を見てるだけでも、目からの刺激で少しは効果がある」という情報を得たので、窓辺で子供をあやしながら太陽の強い光を意識するように努めてみました。

これで効果があればいいんだけどなぁ…
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-11 16:21 | こころ

あお~い

よーぜふが子供をあやしていた。
ちょうど2,3日前に彼はまた頭をきれいに刈っていた。
子供が「あぅ~、あぅ~」としゃべっていたので、私が横から

「おとうさんの頭、あおいね~」

といったら、

「あお~い」

としゃべった!!…ような気がした(爆笑)
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-10 18:01 | ひとりごと

気付いてしまった

2006/01/06

ただいま新しくブログの作成中&日記の引越し中。途中であることに気づいてしまった。URLのスペルを間違えた…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

でもそんなとこあまり見る人もいないだろうし、正しいスペルだとURLが取得できないかもしれないし、なにより修正がメンドクサイから(これが一番の理由かっ!?)ま、いっか~~
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-06 14:42 | ひとりごと

寒すぎるぅぅ~…その2

2006/01/06

昨日の雪はいったん融けましたが、今日はまた朝から雪模様。
すでに塀のコケの上は真っ白。
また写真でも撮ろうかと思いましたがあまりの寒さに断念。

昼過ぎには全部融けてしまいました。
[PR]
by bambi-boo | 2006-01-06 14:41 | ひとりごと