ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

祝!一周年!!

2005/01/12

何が一周年なのかというと…
ダイエット日記を書き始めて、1年経ったということです。

この飽きっぽい私が、1年間ほとんど毎日、記録し続けることができました。
私をダイエットに駆り立てたこと…それは、恐怖の薬太り!!
なぜ、薬太りするに至ったかということは、また別の機会にアップします。

2003年3月17日から2004年1月12日にかけて(約10ヶ月で)、約8kgも急激に太ってしまったのです。
気づかない間にどんどん洋服がきつくなり、セルライトが増殖し、肉割れすら起こしていたのです。(本当に恐ろしい…)

普段、ほとんど体重の増減がなかったのに、この異常な太り方には恐怖を覚えました。
そこで、一念発起して昨年1月12日から、真剣にダイエットに取り組んだというわけです。
ただ何も記録せずに好きな時間に体重を量っただけでは、はっきりとした減量効果が分からないので、モチベーションを維持するためにも、とにかく体重と体脂肪率を記録し続けることだけは守りました。

そのうちに、自分のダイエット日記のスタイルが出来上がってきました。

・朝、トイレ直後と寝る直前に決まった服装で体重と体脂肪率を量る。
・食事の内容やお通じの有無、運動の内容(何をやったか、トータルで何分やったか)
・ダイエットに効きそうなこと(半身浴やお酢を飲むなど)
そして、一日の感想、さらにはその日の精神状態や体調まで、記すようになりました。
いまや、このノートは健康管理日記に成長を遂げました。

記録し続けるコツは、(私の場合ですが)
・ノートとボールペンを常に手が届く場所におく。(ノートは開きっぱなし)
・朝、時間がないときでも体重・体脂肪率が書き込めるように、
 ノートにお手製カレンダーをクリップで挟んでおく。



このようにすれば、何日も気力がなかったり時間がなかったりで書き溜めていても、後でゆっくり容易に編集することができるのです。

おかげで、昨年10月には、薬太りする前の体重に戻すことができました。
しかし、残念ながら、年末年始には忘年会やらお正月やらで何かとたくさん食べる機会が増え、食っちゃ寝~の生活が多くなり、見事に2kg程リバウンドしてしまいました…。

なのでまた、気を取り直して運動中心のダイエットをがんばらなくちゃと思いました。

う~む、体重(体脂肪率もそうですが)の維持って、ムズカシイ…(悩)

 
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-12 13:59 | ひとりごと

肌の調子が…

2005/01/11

8月から、肌断食を始めた。
しばらく調子がよかったのに、12月に入ってから、ガッサガサに肌が荒れ始めて、なんだか調子が悪い。
1月3日のスキーに行った日に至っては、全く化粧も乗らず、ものすごいひび割れに愕然としていた。

やっぱり、普通のスキンケアに戻したほうがいいのかな?
(肌断食のとき、特に最近は夜の洗顔は石鹸の一度洗いのみ、朝はぬるま湯のみで洗顔、そして精製水とローズヒップオイルのみのスキンケア)と思い、翌日1月4日に一日だけ、今までの手持ちのAHAふき取り化粧水、どくだみ化粧水、アロエジェル、スクワランオイルに戻してみた。

すると、翌朝にはまた調子が良くなっていた。

でも、ここまで荒れてしまったのは、職場の環境に問題があるのでは?と思った。
自宅のみかんと、職場におきっぱなしにして食べそびれたみかんとでは、明らかに職場のみかんのほうが干からび方が早いのだ。

そこで、家にあった温度計と湿度計が一体になったヤツを職場に持っていくことにした。
最初はまぁ、乾燥しているとはいってもせいぜい20%くらいだろう、と思っていた。
しかし…

2時間ほど経って計器が安定したところで再び確認すると…
私は目を疑ってしまった。

だって…

湿度計の針は測定可能な10%をはるかに下回り、ほぼ水平を指している。

…ほぼ0%ってこと!?

そして、温度にいたっては28℃!!暑い!!
空調がしっかり管理されているとはいえ、ちょっと過酷な環境だよ…

そして、肌断食の際の注意は、湿度は40%以上を保つこと!とある。
そりゃ、
肌がバリバリに荒れるわけだよ…
しわが増えるわけだよ…(泣)
ドライアイになるわけだよ…(そのために特に元から乱視の強い右目が疲れる)

疑問は解決したのであった。

目薬買ってこようっと…
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-11 13:58 | ひとりごと

釣り初め

2005/01/09
2:00p.m.頃からいつものお気に入りのポイントへ釣りに。

家を出たときはほとんど風がなかったのに、海に着くとかなり強い向かい風&うねり。
それでも、やる気満々だったので、とりあえずはじめてみた。
…しかし、強い向かい風のため、仕掛けが絡む!カゴが飛ばしにくい!波をかぶる!
オマケに南向きの堤防なので、太陽の光が真正面からもろに射す!!
結構なうねりでアタリも全くわからない。
40分ほど粘ってみたが全く釣れず、とても釣りにならないので内浦へ移動。

意外と人が少なく、風も静かだったのがオドロキ。うねりも先ほどの場所よりマシなので、早速始めた。
いきなり、よーぜふに微妙なアタリがあり、マアジを釣り上げた。
負けてはいられない!と、私もすぐに始めた。うねりなのかアタリなのかイマイチよく分からなかったが、ウキの動きが変だったので回収してみた。
おや?アジとは違う、何かがくっついているようだった。
釣り上げてみると、ウルメイワシだった。しかし、取り込みにもたついてバラシてしまった(苦笑)。
その後、タナをあれこれ変えてみるがさっぱりアタリはなく、もう一匹ウルメを釣り上げるにとどまった。
不完全燃焼だったので、明日、リベンジしようかな??
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-09 13:56 | 趣味

スキー

2005/1/4

昨日、'04-'05シーズン初のスキーに行って来ました!

腹痛、頭痛、胃部不快感、おまけに一睡もできなかったという絶不調の状態で、出発ぎりぎりまで、行くか行かないか葛藤していました。
でも、結論から言えば、「行って良かった♪」です。

今どき、スキーヤーオンリーという、珍しいスキー場です。去年の滑べり納めの時に初めてはいったスクールが好感触だったので、万年中級者脱出を目指すべく、今回もシーズンの始めにスクールに入ることにしました。

三が日で人数が多いため、よーぜふと友人は同じ班になり、私だけ別の班になりました。
後で聞いた話によると、私達の班のほうがより初心者向きで、より基本に忠実だったようです。

10年前にスキーを始めた頃と比べ、スタンスも違うし板もカービングが主流になって来たため、最初の頃上級者に教わったスタイルと全く違うので、戸惑った部分もありました。
さらに、今まで我流でそこそこ滑べって来たところへ、基本を一からやり直したので、全然なっていないことがわかり、イントラさんのいうとおりにできず、とても苦労しました。

2時間のスクールが終ってみると、去年だめだしを食らいまくったよーぜふがいちばんできがよく、去年できの良かった私が、だめだしを食らいまくっていました…
まあ、シーズン初日は毎年体が硬いので、こんなもんです。(言い訳)

驚いたのは、ボーゲンやシュテムターンといった、空中椅子状態が多かったのに、ほとんど筋肉痛になっていないということです。
毎年、初日の翌日は、普通に歩くこともままならない程の激しい筋肉痛に襲われるというのに、それがなかったのです!
ダイエットの一環で、普段から筋トレ、踏み台昇降、ヨガなど、脚力を上げる事をしていたおかげでしょうか?
脚力が上がったため、片足を上げて滑る練習が楽にできました。

どんなスポーツでもそうですが、上達するためにはやはり筋力が必要だと思います。
地道に筋トレを続けなきゃ…
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-04 13:55 | 趣味

新年のご挨拶

2005/1/1

あけましておめでとうございます。

やっと、日記を書く気になりました(笑)。

他のコンテンツもある程度構想はあるのですが、
まだまだ形にならないので…とりあえず日記から始めようと思います。
そのうちボチボチと更新していく予定です。

さて、一年の計は元旦にあり、ということで、
元旦に思いついた目標は、

「健康体を取り戻す!!」

です。そのために、いろいろと模索したいと思います。
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 13:51 | 日常

プロフィール

ばんび
1976年生まれ
よーぜふのよめ。
ほか娘(はな・2005年9月生まれ)、息子(だいち・2010年1月生まれ)、犬1匹(小雪・ビーグル・雌・2003年9月生まれ)と暮らす。(柴のすももさんが2010年4月に交通事故でお星様になりました…)

昔も今もおてんば娘。
遊びに関することなら何にでも興味を持ち、多趣味である。その中で、スキーと釣りが大好きという所がよーぜふと一致し、年中一緒に遊んでいる。

一時、鬱(軽ウツ症??)も経験し、長引く無気力・無感情・無感動状態の中でリハビリのために再度釣りに頻繁に行くようになる。「リハビリのため」だったのが、いつのまにか本格的にカゴ釣りにハマッてしまい、最近ではよーぜふの仕掛けやタナ取りにまで口をだす始末…(2005年1月時点)

性格:臆病者 
   小心者
   内弁慶
   頑固
   天邪鬼
   超負けず嫌い
   …なんかあまり良くない性格だなぁ(汗)

好きなこと:
      フルフィルメント瞑想
      ソーイング
      音楽鑑賞  
      楽器演奏(最新のエレクトーンが欲しいよぅ…でも手が出ない)
      歌を歌うこと(お風呂場がカラオケボックスと化しています…)
      編み物(最近は全然やる気力がわかないなぁ…)
      ガラス細工(これもまた気力なし)
      スキー
      釣り  
      ボディーボード(最近はよーぜふが面倒くさがって連れてってくれない・笑)
      ドライブ(マニュアル車の運転が好きなんです♪)
      買い物
      
「ばんび」とハンドルネームを決めたわけ:
動物占いで「小鹿」だからです。(安易だなぁ…笑)占いのとおり、おとなしくて臆病な部分もある反面、調子の悪いときには人格が180°変わり、激しい怒りのオーラを放ち、壁を殴り、モノにあたりまくっています。自分でも怖いです…

2005年1月記/2010年6月加筆訂正
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | プロフィール

スローライフの愉しみ

最近、あちこちでスローライフという言葉を見たり聞いたりします。

私も、スローライフが好きです。決して、流行っているからではありません。(なんたって天邪鬼ですから(;^_^A)

生まれも育ちもど田舎、もともと都会派ではないのです。性格も天然ボケ、の~んびりしています。

それが最近さらに時代に逆行した生活をする方向に向かってきているみたいです。(笑)

人間だって生き物ですから、自然の恩恵を受けながら、自然に囲まれて暮らすのが体にとっても優しいでしょうし、快適に暮らせるような気がします。また、それがごく自然のスタイルであるように思います。

だからといって、文明の利器などを全否定するわけでは決してありません。

現在もこうやってパソコンに向かって文章を打ち込んでいるわけですし、ネットショッピングなども楽しみます。

最先端の技術の恩恵も受けながら、でもなるべくできる範囲でスローライフを楽しみたいという、欲張りな性格です(;^_^A)

あまり贅沢な生活には最近は興味がなく、最低限生活できる収入があればいいや、と考えはじめています。

物質的に豊かな暮らしよりも、心身が健康で、心が満たされて感情が豊かな生活を送っていけるほうがよっぽど幸せだな、ということに気がつきました。そして、日々小さなことに感動し、家族はもとより周りの人たちに感謝し、毎日小さな幸せを感じながら暮らしていけたら最高だなぁ、と思います。

最近の世の中は、本当に便利になってきました。
お金で解決できるものも多くなってきました。
けれど敢えてお金をかけず、時間と手間をかけて、少し面倒だったり不便だったりしても、その過程自体を愉しんでいる自分達がいます。

以下は、今スローライフ的に愉しんでいることです。
たぶん、実行している方々も多いと思います。
1、自給自足の真似事。
・ごくごく小さな家庭菜園ですが、徐々に収穫できる種類や数が増えてきました。
・食べたい魚は自分で釣って料理・加工(ひものなど)しています。

2、なるべく人工的・ケミカルなものに頼らない工夫をする。
・洗濯・掃除・食器洗いやお風呂で合成洗剤をほとんど使わなくなりました。(せっけん、重曹、クエン酸、酸素系漂白剤などを使用)その結果、エコライフ(エコロジー・エコノミー)につながっている気がしますし、なによりずぼらな私にはらくちんな方法です。
・少し体調が優れないという程度ならば、薬を使わずに効果のありそうな食品を摂取することによって(またはアロマテラピーを取り入れて)回復を試みる。
・ナプキンやおむつなどの衛生用品は時と場合によって使い分けることになると思いますが、布製のものを使いたいと思います。

3、手作りをする。
・何か欲しいなと思ったとき、すぐに買おうと思わないで手作りできないか、何か他のもので代用できないかをまず考えてみる。   (単に節約のためだけではなく、やはり作る過程・考える過程が楽しいのです。)
 今まで作ってみたもの:固形石鹸、お菓子、布ナプキン、アクセサリー
 これから挑戦してみたいもの:洋服、etc.

4、レジャー、娯楽は自然と共に愉しむ。(最近街型の遊びからはとんと離れています…単に年をとっただけ?(-"-;A)
・釣り、スキー、ボディーボード、ウォーキング、キャンプなど

スローライフに目覚めた直接のきっかけは、体調と精神状態を崩し、辛い思いを味わったことです。
また、普段から生理痛・PMS(PMDD)が酷いのですが、その原因は食品添加物や合成洗剤に由来しているのではないかと疑ったからです。

主に1・2番の項目を実行するきっかけとなりました。
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | スローライフ・ロハス

ドケチ的!釣りの愉しみ



(あくまでもばんびの場合です…)

・お弁当は手作りで…
海で食べる手作り弁当は美味しい!ゴミが出ない、余計なものを買わずに済む。(サイフにやさしい…)

・付け餌(オキアミまたは大粒アミ)はお茶パックに小分けして冷凍保存する→使用後は酸素系漂白剤で漂白してリサイクル…けち!?

・ケチケチコマセ…
カゴに半分しか入れない 

・最小限の仕掛け、アイテム…
堤防の五目釣りにごちゃごちゃと必要ない!ちなみに私の場合は竿はノベ竿(3.6m)とカゴ釣り用に遠投磯竿3号(5.3m)の2本だけ。カゴやウキもそれぞれ2個ぐらいずつしか持っていないが、それでも今までいろんなものを釣り上げることができた。
              
・ハリスは自分で作る!2本掛けがおススメ!
→使用後はもちろんリサイクル!2本掛けにすることにより一回のキャストで確実にものにできればコマセが節約できる!

・サビキ&トリックはなるべく使わない(リサイクルが難しい、捨てるときの分別がメンドクサイ)
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | 趣味

釣り場のゴミについて思うこと・・・。

私がまだ両親と釣りに行っていたころは、本当にきれいな堤防だったという記憶しかありません。

最近、よーぜふとよく行くのが悪名高い漁港だからか、全体のモラルが低下しているためか分かりませんが、とにかくゴミが目に付きます。

ゴミを拾おうと思ったのは、よーぜふの姪っ子も一緒に釣りに行ったとき、彼女が言った一言がきっかけでした。
(「ここはゴミ捨て場ではありません」という看板が掲げられている場所で)「こんなにゴミがたくさんある!!どうにかしたいけど、どうすることもできない…」

小学生だって、心を傷めてしまうほどの酷さだったのですが、その場では私もどうすることもできず、ただうなずくことしかできませんでした。
しかし、その帰り道、ずっと心に引っかかっていたのです。
「本当にどうすることもできないのか?」

姪っ子の、その言葉を聞き流すだけでは、私も平気でゴミを捨てている人達と何ら変わらないのではないかと、少し後ろめたく思ったのでした。

そこで、思い立ったが吉日、次の釣行からゴミ袋を持参し、釣り座から車へ戻るまでだけでも良いから、ゴミ拾いをしようと思い、実行に移したのです。

最初は少し恥ずかしかったのですが、(別に悪いことをしているわけではないのに、おかしいですネ)あまりのゴミの多さに、ついに市町村指定の45リットルのゴミ袋を抱えて、一生懸命にゴミ拾いをするようになりました。

そして、ほんの自己満足というか、自分が気持ちよく釣りをしたいから、拾っていただけだったのですが、何回かゴミ拾いを続けていくうちに、地元の人と思しき方々に、
「ご苦労さん。きれいになるね。」
「みんながそう(ゴミを持ち帰る、ゴミを拾う)だといいんだけどね…」
などと、声をかけてもらう事もしばしばで、嬉しくなりました。

そんなわけで、ゴミ拾いしながら車に戻るのが習慣になりました。

「みんなもゴミ拾いをしようよ!!」などと言うつもりはありませんが、これで少し啓蒙できればいいなぁ、と思います。拾わないまでも、自分が出したゴミは持ち帰るというのが当たり前のマナーなんです。

でも、堤防はいつ行ってもゴミの山です。

平気でゴミを捨てる人というのは、一体どういう神経なんでしょうか?とても不思議です。

自分の庭にゴミを捨てられたら、誰だってイヤな思いをするはずでしょう?
それと同じことなんです。少しだけ、自己中心の考え方を改めて、周りの事も考えられれば、もっとゴミが減ると思います。そうなることを祈ります。

そして、最後によーぜふに感謝です。
私がゴミ拾いをしようと言い出したとき、嫌な顔ひとつせずに協力してくれました。

追記:最近ではさもよーぜふがやり始めたみたいに、HPのトップに「ゴミを拾おう!」なんて書いてますけど、私のほうが先に思いついたのよ~~!!(←この辺が負けず嫌い?・笑)
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | こころ