ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 91 )

つ・な・が・り

この数ヶ月で強く感じるようになったことがあります。

それはいろんな人とのつながり。
思いがけない人と思いがけないところでつながっている(いた)ことの多さに驚いています。

また、私や夫婦の間で漠然と、「この人どうしてるかな?今来てくれたらタイムリーに話ができておもしろいよね」など話していると、本当にその人が我が家にやってくることも立て続けにあったりして、2人で顔を見合わせることも。

これもある種のシンクロニシティなのでしょう。

先日は私が通っている音楽教室の忘年会がありました。

妹と私は同じ研究所の同じ研究室で働いています。その機関名を言ったらあるおじさまに、
「じゃあ、Yちゃん知ってる?」と聞かれ、
妹と私はびっくりして「Uさんのことですよね!知ってます!同じ研究室でお世話になっています!!」
そのおじさまとUさんのご両親とは、古くから親しくお付き合いをなさっているのだとか。
「Yちゃんがこーんなに小さい頃から、僕は知ってるんだ^^」
と、いろいろお話してくださいました^^

こんなところで繋がっているなんて、夢にも思いませんでした!!

もう1つは昨日遊びに来てくれた友達の話から。

彼女には最近彼氏ができて、話を聞いていくとなんとダンナとすごく話が合いそうな人でした。ダンナは今ある趣味にはまっていますが、疑問をぶつけられる知人を探していました。そんなところに彼氏の話がまたドンピシャで、ダンナは友達になりたいと、すごく興味を持ったようでした。
ということは彼女と私たちのお付き合いもこれからも長く続くのかな、とすごく嬉しくなりました。

もっとマクロな視点から見られるようになると、あとあとこんな風に繋がっていたんだ~と感動するんでしょうね。

そう考えると、ものすごく人見知りな私だけど、もっといろんな人と出会いたいなぁ、共鳴する人たちを大切にしたいなぁ、と思いました。
 
[PR]
by bambi-boo | 2007-12-10 22:14 | ひとりごと

時間の使い方

私は昔から時間を有効的に使うことがヘタです。

時間が余るとぼーーーーっとして過ごして、結局何もできないまま1日が終わる…そんなことの繰り返しでした。

確かに、精神を病んでからは休む時間が必要だからと、つい最近まではボーっとする時間も大事にしていました。

でも、瞑想を続けて体力や気力も少しずつ出てきたので、ここらでもう少し上手に時間を使えるよう考えようと思いました。

だって、やりたいこと、やらなきゃならないことが多すぎて、でも子供を犠牲にはしたくないし…となると、どうしたって時間のやりくりをきちんと考える必要があるなぁと思ったからです。

子供が起きててもできる家事は一緒に楽しむなどして、お手伝いの一環として無理なく始めさせるとか。(急いでいる時はなかなか難しいんですが^^;)

子供にいたずらされると困ること(生協の注文書を書いたり、指導グレード試験の勉強をしたり)はお昼寝しているときにちゃっちゃとやっちゃうとか。

洋裁やガラス細工など、危険な道具を広げないとできない趣味や、ヨガなどゆっくりやりたい時は、子供が夜深い睡眠に入ったらやるとか。

ブログのアップやメールは随時、よーぜふがPCを使わない合間を縫ってやるとか(笑)

そのためには私の睡眠のコントロールをしっかりしなくてはと思います。

実はお恥ずかしながら、今まで生活のパターンが一定していたことってないんです^^;

昼寝が大好きなので、休みの日は昼寝を2時間とか3時間とか平気でしちゃう。そのせいで夜は眠れず夜更かし。すると夜の睡眠時間が少なくなって、結果翌日も昼間寝ちゃうという悪循環…

昼寝が好きっていうのは、単純に眠いからという理由だけではなくて、漠然と日常から逃れたいから寝る(俗に言う「寝逃げ」ですかね^^;)ということも多いです。

これからは鬱的な側面がもっと減っていくと思うので、なるべく昼寝をせず、夜は12時までに寝て、朝は5時に起きて瞑想して…ってできるだけ一定のパターンにしていきたいなぁと思います。
[PR]
by bambi-boo | 2007-09-11 15:18 | ひとりごと

缶コーヒーで…

昨日は寝不足のまま出勤し、やる気もしないので^^;まったり仕事をしようと所内の自販機へ缶コーヒーを買いに行きました。

以前私は無類のコーヒー好きで、よーぜふ同様、1日に何杯も飲んでいました。しかも砂糖とミルクをたっぷり入れて!!

しかし最近は冷え取り気功整体に通っているので、そのお約束として、身体を冷やすものは止めましょうとの事から、ほとんど飲まなくても大丈夫になりました。(飲まなくなって1年ちょっと)

ときどき勧められると、断るよりもたまには飲んでもいいかなと思い飲んでいます。お互い気持ちいいですし^^

でも、自分の意思で、しかも甘々な缶コーヒーを飲むことなんてめったにありません。

そのせいか…

飲み始めたのが10時くらいで、12時少し前になってお腹が痛くなってきました。
そして、やっぱり見事に下しました…TT

私はそんなに厳密に冷え取りを頑張っているわけではありませんが、それでももう冷え取り以前の体とは全く違ったものに変わったようです。

ちょっと食べすぎちゃったり、身体に合わないものを食べると、必ず食してから3時間以内に体外に強制的に排出する反応が出ます。

下すだけならまだいいですが、脂汗と嘔吐もいっしょに…となると、この世の地獄を味わっているようです。(あまりきれいな話じゃなくてすみません^^;)

でも!毒が出てしまえばもとの通りスッキリ♪

冷え取りの説明にあったような反応が、自分の身体でもだいぶ起きるようになってきました。
それは、特定の店の特定の食事が合わないとか、特定のメーカーの特定の食材が合わないとか。体が自分に合うものを選んでくれます。

で、今回の缶コーヒーは内容成分の何がいけなかったんでしょうかね~~?他の銘柄は大丈夫だったものもあったけど。今度メモしとこうかな^^?
[PR]
by bambi-boo | 2007-09-08 14:05 | ひとりごと

そろそろ…

瞑想日記を再開しようかな?

丸1か月分ためてる!!

そもそも趣味のこことかが多いブログなので、瞑想一色になるのはイヤだし、でも瞑想のこといろいろ知りたい人がもしいたら瞑想のこともたくさん載せたいし…

バランス取るのが難しいなぁ^^;
[PR]
by bambi-boo | 2007-09-06 18:10 | ひとりごと

欲しい~!!

今めちゃめちゃ欲しいもの。

1.ロックミシン

大量に買い溜めてある布で早くいろいろ作りたいな~!
今年はニットにも挑戦しようと思って、それにはやっぱりロックミシンがあると早いし楽だろうなと。

そして!

2.リバイユのマウスピース

ちょっと前に小林香織ちゃんっていうサックスプレイヤーを知り、アルバムを聴いてみたら抵抗感がなくてストレスなく音が伸びやかに出てるな~と言う印象を受けました。

で、マウスピースは何を使ってるのかな~と思って調べたらそれだと。

すごく欲しくて、でも詳しいこと分からないからちゃんと知りたいな~と思っていたら…

私のサックスの生徒さんが、SAX&BRASSという季刊誌の最新号を買って来てくれて、タイムリーなことにリバイユのマッピの特集が載ってた!!

お~これもシンクロニシティ(ラッキーな偶然の一致)!?なんて思っちゃったりして^^

どっちもすぐには手が出なくて…両方買うと私の1ヶ月分のお給料が消えますTT
[PR]
by bambi-boo | 2007-09-02 00:25 | ひとりごと

早く出番が来ないかなぁ。

この家に来てからもう1週間。

まだ使ってくれないみたい。

相棒の天然酵母君がうまく成長してないみたいよ~?

よーぜふ「やっぱり酵母も生き物。生き物の扱いはばんびはダメだね~」

ばんび「あは~^^;天然酵母君のお世話もよーぜふに頼んじゃおうかなぁ^^」


f0035112_18532280.jpg
cuocaさんで購入したキャセロール食パン型1.5斤。
陶器の型で、熱の伝わり方がじんわりゆっくりなので、石釜で焼いたような仕上がりになるのだそうです。少し高かったけれど、壊さなければ(笑)一生物なので、奮発しちゃいました^^


f0035112_1853793.jpg
天然酵母の食パンが焼けるのはいつのことでしょう…^^;
[PR]
by bambi-boo | 2007-07-05 18:59 | ひとりごと

そういえば…~解毒力up?~

解毒力…っていうんでしょうかね?

最近、夜中に寝ている間によく蚊に喰われます。
その時は無意識にかゆくてかいてるみたいですが…

朝になると、ほとんどあとがありません。
強いて言えば、注射のあとみたいなのが小さくポチッと残っているだけです。

だから、喰われていたことすら、けっこう忘れています。

昔は蚊に喰われたら1週間は腫れっぱなしでずーっとかゆかったのに。
喰われてから完全に治るのに最低2週間はかかっていました。

それが、今では数時間でほぼ治ってる!

解毒力、自然治癒力が格段にupしてきていると実感しました。
すごい!だいぶ体の中が変化してきた様子です。
ちなみによーぜふも変化を感じているようです。
何が功を奏したんだろう…?
いろいろやってるからなぁ。

追記:詳しく知りたい人はコメント欄をクリック!
                ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[PR]
by bambi-boo | 2007-05-22 22:22 | ひとりごと

1歳6ヶ月健診 ~予防接種について思う~

先日、市の保健センターの1歳6ヶ月児の健康診断に行ってきました。

はっきり行って、私はこの手のものが大の苦手です^^;

もともと社交的ではないし、ましてや自分だけではなく目の離せないチビを連れてだからなおさらです…

何回か離乳食教室でこの場に来ていますが、今回は第一子だけではなく、あらゆる同月生まれの1歳6ヶ月児が集まっているので、知らない顔が多くて緊張しました。

知っているお母さん方も何人かいたけれど、自分自身あまり調子が良くなくて積極的に話をする気になれずチビが他の人の迷惑にならないように見ているのが精一杯でした。

もう1歳半となれば目を離せないのは分かっていましたが、それにしてもうちのは特にあっちゃこっちゃ動き回って大変…それにちょうど眠い時間帯。ぐずったり落ち着かなかったりで順番を待っているのが苦痛でした。

最初に呼ばれて問診票を基に保育士さんに問診されます。
「お母さんは健康状態に問題はありませんか?」とか。
「○○ちゃ~ん」と呼んでお返事をするかどうかとか。
特に心配なことは無いかとか。

ちょっと気になったのが、この方は3ヶ月の時にも話を聴いてくださった保育士さんだったと記憶しているのですが、マニュアルどおりのことを押し付けるなぁ…という印象は今日も変わらず。(それが仕事といえばそれまでですが…;)

3ヶ月の時はなるべく頑張って母乳のみで育てたいと思っていたのですが、あまり出が良くなくてミルクも飲ませていたけど一日に4回の授乳で子供は満足していたようです。
でもマニュアル(標準の育児法)では6時、10時、2時、6時、10時と5回与えるようにと指導しています。

この時も体重の増えも悪いし、決まった時間に5回与えてくださいと淡々と言われ、母乳育児を挑戦しようと頑張っている気持ちをあまり汲み取ってもらえてないような気がして、悲しかったことを思い出しました。
(だいたい子どもはロボットじゃないんだから親の勘をもっと信じてもいいんじゃないの!?とその時期はやたらストレスに感じていたっけ…)

実母もそうだったけど、母乳があんまり出てないんじゃないの?あんまり泣いてかわいそうだからと簡単にミルクを与えていましたが、母乳はあげればあげるほど出るようになってくるということを信じて頑張っていた気持ちをないがしろにされた気がしてやる気をなくしました。

今回は予防接種のことで。
2種類の予防接種を受けるように勧められている時期ですが、我が子の母子手帳には接種を受けた記録が無いので、
「まだ接種を受けられないかな?」
と、強制であるかのごとく誤解を招くような言われ方をしたのがちょっと気になりました。
(現在は予防接種の安全性と必要性について疑問視する声が多くなっています。医師会や政治、企業の利益誘導の構図が指摘されているようです…うーん、妙に納得)

子供の予防接種が強制ではなく任意であることを知ったのは、記憶があやふやですが3ヶ月のBCGの接種を受けてしまった時と同じくらいの時期だと思います。
7ヵ月半で職場復帰して、高校生と中学生のお子さんを持つ職場の方が、まだ日本脳炎の予防接種を行っていた時代に、ご自分の判断で受けさせなかったという話を聞きました。

理由は、原因となる病原体をもっている豚と、それを媒介する特定の蚊が一緒に存在する環境が現代の日本では殆ど無いということを大学生の時に教授から聞いたそうです。それに、接種したほうが却って危険なんじゃないかとおっしゃっていました。

日本脳炎の予防接種は安全性が疑問視されて現在では中止になっています。

その職場の方の、その時の判断が素晴らしいなぁと思ったのと同時に、そういうことに、小さなことでも疑問を持たなきゃな、親が勉強して賢くなって子供を守らなくては…と強く思ったのでした。

一通り健診が終わり、最後に別の保育士さんに呼ばれて知能の発達具合を見るお遊びがありましたが、ついでにさっき感じた疑問をぶつけてみました。

「予防接種は任意になっているんですよね?いろんな情報がある中で、受けさせようか受けさせないか迷っていて、まだ受けさせてないんです」と。

その保育士さんは、
「そうですね、任意ですからご主人とよく相談なさって決めてくださいね」
と、こちらの自由意志を尊重してくれました。

でも、信頼できそうな情報源で知識を得ても、予防接種を受けないという判断は相当の信念と覚悟が必要だな…と思います。
まだ期限まで余裕があるので、夫とよく話し合って結論を出したいと思います。

追記:予防接種の必要性と安全性について、疑問視する立場で詳しく載っているサイトを見つけました。大変興味深いです。
日本ホメオパシー振興会
たぬき先生のお部屋 育児と病気と予防接種

[PR]
by bambi-boo | 2007-04-06 18:02 | ひとりごと

遅ればせながら過去の出来事など…その3

3月24日(土)
三津シーパラダイスへGO!

よーぜふが以前から我が家のちびに
「今度いっぱいおとと見せてあげるね」

と話しかけていたので、
「じゃ、今度の土曜日に行く?」

と、早速初めての水族館へ行って来ました。

生憎の雨ですが、屋内なので気にしない~~

やはり、よーぜふの血を濃くひいているのか、
「お~~~おとと!おっきいね~~~」
「お、お~~~※△☆%&ね~~」(←本人は一生懸命何かを訴えているが何しゃべっているかわからない^^;)

詳しくはよーぜふのブログへ!←手抜き…;

水族館から帰ってきてから新しい一眼レフカメラが到着したのでちょっと残念;
[PR]
by bambi-boo | 2007-03-26 12:25 | ひとりごと

遅ればせながら過去の出来事など…その2

3月22日(木)
歯医者レポvol.0

歯医者さんはその日が2回目でしたが、なんとまだ治療はしていません^^;
歯科衛生士さんにレントゲンと口腔内カラー写真をそれぞれ十数枚ずつ撮ってもらい、先生から詳しい説明をしてもらいました。

初めて院長先生とご対面。
「はじめまして、院長の○○です、よろしくお願いします」
と矢継ぎ早に挨拶され、(先生も初対面で緊張していたのかも?)

「やっぱり左上の親知らずは大きな穴が開いてますね、器具が入らないので抜歯になりますね。」

が~~~~~~ん!!やっぱりぃぃ~…

それと、初診の時に伝え忘れていた左上6番の歯茎のほっぺた付近の腫れ。
これは根っこのほうの病気みたいで、神経が生きているかどうか軽く電気でテスト。

「神経が生きていればちょっとぴりっとしますよ」
歯にその器具が触れている様子。

…何も感じない。

「コツコツ」←その器具で歯をつっつく。

私「今のコツコツじゃないですよ…ね?」
先生「はい、違います違います」

その後何度かレベルを上げていた様子。
だが6番と親知らずは無反応。
あー、やっぱり神経逝っちゃってたんですね…orz

6番の歯はいくつか治療法の選択肢を提示してくれましたが、自費で行う根管治療を選びました。どうせ治療するなら徹底的に良い状態にもっていきたいですもん!
…ちょっと出費がイタイけど…

私はかなりの歯医者恐怖症です^^;この日も極度に緊張していました。
先生も最初の挨拶が終わったら淡々と私の歯の状況と治療法を説明してくださいました。
でもあまりにも淡々としていて無表情だったので、無愛想な先生なのかなぁ~という思いとともに、これからの治療、嫌だな~という思いで、その場の空気はかなり重かったと思います。

それを察してか、
「大丈夫ですよばんびさん、そんなに痛い治療はありませんから。」
「何か疑問質問があったら遠慮なく言ってくださいね」
「もし私に訊きにくいようでしたら衛生士でもコーディネーターにでもお気軽に質問してくださいね」
「私も内科の薬をもらって疑問に思うこと良くありますから、わからないことはどんどん聞いてください」
とちょっと笑って言ってくださいました。

その日、私が一番安堵した言葉は
「そんなに痛い治療はありません」
の一言です。本当に力が抜けた~

実際の治療になってみないとわかりませんけどね…

そして近いうちに決着をつけなければならない親知らずの抜歯についてあれこれ考え悶々とする日々が続きそうです…orz
[PR]
by bambi-boo | 2007-03-26 12:17 | ひとりごと