ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

2005年 01月 01日 ( 5 )

新年のご挨拶

2005/1/1

あけましておめでとうございます。

やっと、日記を書く気になりました(笑)。

他のコンテンツもある程度構想はあるのですが、
まだまだ形にならないので…とりあえず日記から始めようと思います。
そのうちボチボチと更新していく予定です。

さて、一年の計は元旦にあり、ということで、
元旦に思いついた目標は、

「健康体を取り戻す!!」

です。そのために、いろいろと模索したいと思います。
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 13:51 | 日常

プロフィール

ばんび
1976年生まれ
よーぜふのよめ。
ほか娘(はな・2005年9月生まれ)、息子(だいち・2010年1月生まれ)、犬1匹(小雪・ビーグル・雌・2003年9月生まれ)と暮らす。(柴のすももさんが2010年4月に交通事故でお星様になりました…)

昔も今もおてんば娘。
遊びに関することなら何にでも興味を持ち、多趣味である。その中で、スキーと釣りが大好きという所がよーぜふと一致し、年中一緒に遊んでいる。

一時、鬱(軽ウツ症??)も経験し、長引く無気力・無感情・無感動状態の中でリハビリのために再度釣りに頻繁に行くようになる。「リハビリのため」だったのが、いつのまにか本格的にカゴ釣りにハマッてしまい、最近ではよーぜふの仕掛けやタナ取りにまで口をだす始末…(2005年1月時点)

性格:臆病者 
   小心者
   内弁慶
   頑固
   天邪鬼
   超負けず嫌い
   …なんかあまり良くない性格だなぁ(汗)

好きなこと:
      フルフィルメント瞑想
      ソーイング
      音楽鑑賞  
      楽器演奏(最新のエレクトーンが欲しいよぅ…でも手が出ない)
      歌を歌うこと(お風呂場がカラオケボックスと化しています…)
      編み物(最近は全然やる気力がわかないなぁ…)
      ガラス細工(これもまた気力なし)
      スキー
      釣り  
      ボディーボード(最近はよーぜふが面倒くさがって連れてってくれない・笑)
      ドライブ(マニュアル車の運転が好きなんです♪)
      買い物
      
「ばんび」とハンドルネームを決めたわけ:
動物占いで「小鹿」だからです。(安易だなぁ…笑)占いのとおり、おとなしくて臆病な部分もある反面、調子の悪いときには人格が180°変わり、激しい怒りのオーラを放ち、壁を殴り、モノにあたりまくっています。自分でも怖いです…

2005年1月記/2010年6月加筆訂正
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | プロフィール

スローライフの愉しみ

最近、あちこちでスローライフという言葉を見たり聞いたりします。

私も、スローライフが好きです。決して、流行っているからではありません。(なんたって天邪鬼ですから(;^_^A)

生まれも育ちもど田舎、もともと都会派ではないのです。性格も天然ボケ、の~んびりしています。

それが最近さらに時代に逆行した生活をする方向に向かってきているみたいです。(笑)

人間だって生き物ですから、自然の恩恵を受けながら、自然に囲まれて暮らすのが体にとっても優しいでしょうし、快適に暮らせるような気がします。また、それがごく自然のスタイルであるように思います。

だからといって、文明の利器などを全否定するわけでは決してありません。

現在もこうやってパソコンに向かって文章を打ち込んでいるわけですし、ネットショッピングなども楽しみます。

最先端の技術の恩恵も受けながら、でもなるべくできる範囲でスローライフを楽しみたいという、欲張りな性格です(;^_^A)

あまり贅沢な生活には最近は興味がなく、最低限生活できる収入があればいいや、と考えはじめています。

物質的に豊かな暮らしよりも、心身が健康で、心が満たされて感情が豊かな生活を送っていけるほうがよっぽど幸せだな、ということに気がつきました。そして、日々小さなことに感動し、家族はもとより周りの人たちに感謝し、毎日小さな幸せを感じながら暮らしていけたら最高だなぁ、と思います。

最近の世の中は、本当に便利になってきました。
お金で解決できるものも多くなってきました。
けれど敢えてお金をかけず、時間と手間をかけて、少し面倒だったり不便だったりしても、その過程自体を愉しんでいる自分達がいます。

以下は、今スローライフ的に愉しんでいることです。
たぶん、実行している方々も多いと思います。
1、自給自足の真似事。
・ごくごく小さな家庭菜園ですが、徐々に収穫できる種類や数が増えてきました。
・食べたい魚は自分で釣って料理・加工(ひものなど)しています。

2、なるべく人工的・ケミカルなものに頼らない工夫をする。
・洗濯・掃除・食器洗いやお風呂で合成洗剤をほとんど使わなくなりました。(せっけん、重曹、クエン酸、酸素系漂白剤などを使用)その結果、エコライフ(エコロジー・エコノミー)につながっている気がしますし、なによりずぼらな私にはらくちんな方法です。
・少し体調が優れないという程度ならば、薬を使わずに効果のありそうな食品を摂取することによって(またはアロマテラピーを取り入れて)回復を試みる。
・ナプキンやおむつなどの衛生用品は時と場合によって使い分けることになると思いますが、布製のものを使いたいと思います。

3、手作りをする。
・何か欲しいなと思ったとき、すぐに買おうと思わないで手作りできないか、何か他のもので代用できないかをまず考えてみる。   (単に節約のためだけではなく、やはり作る過程・考える過程が楽しいのです。)
 今まで作ってみたもの:固形石鹸、お菓子、布ナプキン、アクセサリー
 これから挑戦してみたいもの:洋服、etc.

4、レジャー、娯楽は自然と共に愉しむ。(最近街型の遊びからはとんと離れています…単に年をとっただけ?(-"-;A)
・釣り、スキー、ボディーボード、ウォーキング、キャンプなど

スローライフに目覚めた直接のきっかけは、体調と精神状態を崩し、辛い思いを味わったことです。
また、普段から生理痛・PMS(PMDD)が酷いのですが、その原因は食品添加物や合成洗剤に由来しているのではないかと疑ったからです。

主に1・2番の項目を実行するきっかけとなりました。
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | スローライフ・ロハス

ドケチ的!釣りの愉しみ



(あくまでもばんびの場合です…)

・お弁当は手作りで…
海で食べる手作り弁当は美味しい!ゴミが出ない、余計なものを買わずに済む。(サイフにやさしい…)

・付け餌(オキアミまたは大粒アミ)はお茶パックに小分けして冷凍保存する→使用後は酸素系漂白剤で漂白してリサイクル…けち!?

・ケチケチコマセ…
カゴに半分しか入れない 

・最小限の仕掛け、アイテム…
堤防の五目釣りにごちゃごちゃと必要ない!ちなみに私の場合は竿はノベ竿(3.6m)とカゴ釣り用に遠投磯竿3号(5.3m)の2本だけ。カゴやウキもそれぞれ2個ぐらいずつしか持っていないが、それでも今までいろんなものを釣り上げることができた。
              
・ハリスは自分で作る!2本掛けがおススメ!
→使用後はもちろんリサイクル!2本掛けにすることにより一回のキャストで確実にものにできればコマセが節約できる!

・サビキ&トリックはなるべく使わない(リサイクルが難しい、捨てるときの分別がメンドクサイ)
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | 趣味

釣り場のゴミについて思うこと・・・。

私がまだ両親と釣りに行っていたころは、本当にきれいな堤防だったという記憶しかありません。

最近、よーぜふとよく行くのが悪名高い漁港だからか、全体のモラルが低下しているためか分かりませんが、とにかくゴミが目に付きます。

ゴミを拾おうと思ったのは、よーぜふの姪っ子も一緒に釣りに行ったとき、彼女が言った一言がきっかけでした。
(「ここはゴミ捨て場ではありません」という看板が掲げられている場所で)「こんなにゴミがたくさんある!!どうにかしたいけど、どうすることもできない…」

小学生だって、心を傷めてしまうほどの酷さだったのですが、その場では私もどうすることもできず、ただうなずくことしかできませんでした。
しかし、その帰り道、ずっと心に引っかかっていたのです。
「本当にどうすることもできないのか?」

姪っ子の、その言葉を聞き流すだけでは、私も平気でゴミを捨てている人達と何ら変わらないのではないかと、少し後ろめたく思ったのでした。

そこで、思い立ったが吉日、次の釣行からゴミ袋を持参し、釣り座から車へ戻るまでだけでも良いから、ゴミ拾いをしようと思い、実行に移したのです。

最初は少し恥ずかしかったのですが、(別に悪いことをしているわけではないのに、おかしいですネ)あまりのゴミの多さに、ついに市町村指定の45リットルのゴミ袋を抱えて、一生懸命にゴミ拾いをするようになりました。

そして、ほんの自己満足というか、自分が気持ちよく釣りをしたいから、拾っていただけだったのですが、何回かゴミ拾いを続けていくうちに、地元の人と思しき方々に、
「ご苦労さん。きれいになるね。」
「みんながそう(ゴミを持ち帰る、ゴミを拾う)だといいんだけどね…」
などと、声をかけてもらう事もしばしばで、嬉しくなりました。

そんなわけで、ゴミ拾いしながら車に戻るのが習慣になりました。

「みんなもゴミ拾いをしようよ!!」などと言うつもりはありませんが、これで少し啓蒙できればいいなぁ、と思います。拾わないまでも、自分が出したゴミは持ち帰るというのが当たり前のマナーなんです。

でも、堤防はいつ行ってもゴミの山です。

平気でゴミを捨てる人というのは、一体どういう神経なんでしょうか?とても不思議です。

自分の庭にゴミを捨てられたら、誰だってイヤな思いをするはずでしょう?
それと同じことなんです。少しだけ、自己中心の考え方を改めて、周りの事も考えられれば、もっとゴミが減ると思います。そうなることを祈ります。

そして、最後によーぜふに感謝です。
私がゴミ拾いをしようと言い出したとき、嫌な顔ひとつせずに協力してくれました。

追記:最近ではさもよーぜふがやり始めたみたいに、HPのトップに「ゴミを拾おう!」なんて書いてますけど、私のほうが先に思いついたのよ~~!!(←この辺が負けず嫌い?・笑)
[PR]
by bambi-boo | 2005-01-01 00:00 | こころ