ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

瞑想日記 2008.2.5(tue) ~イジメをなくしたいと願う全ての大人たちへ~

この日の日記は長いです!最後までお付き合いくだされば幸いです^^

朝 リジェネレーション→ババジ1
なんだか眠くなくて、起きていられたので仕事も休みの日だし…と思ってたら朝の5:30まで起きてしまっていた。5:30から瞑想したが、さすがに眠くなってほとんど寝ていた。寝ながら(笑)1時間ほどやって寝ようと思ったが、頭が冴えて眠れない。
瞑想を終えて5分位してからか、なんだかハート付近でイッてしまったみたいな感覚。エクスタシーを感じていたのか。これがシャクティーなのだろうか。

昼寝の時、また前彼の夢を見た。もう何十回となく見ているがいつも心地悪い夢。前彼は1人皆から離れ先に行った所で立ち止まって振り返り、私を待っているような様子だった。私は前彼のところには行きたくなかった。はぐらかして友人と家に入り、ヤツとの接触を避けた、という夢。
やっぱり心地悪い。いい加減、私の夢に出てくるの、やめてよ。腹が立つ。後味の悪い夢だ。

夜 リジェネレーション
また今回も何が起きてるのかさっぱり解らないなーと思いながら、音楽の雑念だらけだった。途中からプロスペに変えようと思っていたのだが、なにやら判らないながらも何かが起きているように感じ、そのままずっと50分ほどリジェネをやり続けた。25分ほど経ったくらいからか、背中がすごく熱くなったり急に寒気がしたりを何度も繰り返し、心臓もちくちくするし、何も見えないながらも上昇や下降するエネルギーのようなものを感じていた。何か下から突き上げるようなエネルギーを感じた時には自然に頭も上を向いたり、とにかく身体が動きたいようにさせていたら、不規則で大きな動きをずっとしていた。途中頭が左回りにぐるぐるまわり、そのうち腰を支点にしてぐるぐる回り…。強烈に頭が左の方に引っぱられるーーーと思って身体が動きたいようにさせていたらかなり左の方に頭を持っていかれ、松果体も圧迫感があり、たくさんSOMAが出てるなーと思った。しばらくエネルギーと身体の動きに集中していた。
最後は下降のエネルギーに沿って頭が”一体どこまで沈むのー?”というくらい落ちて、落ちきったらすーっと上に持ち上げられ、その拍子にカクンと後ろに倒れそうになった。それと同時に目の裏に細かいつぶつぶのようなものがたくさん見えた。(とびっことかいくらのようなつぶつぶ)

最近、ここ数日は穏やかで、子供と楽しくうまく関われている。全く怒らない。子供に対して本当に大きな愛で接していられているなぁ、と自分が感じられる時は、子供もとてものびのびして楽しそうで、素直だ。
ご飯を食べている時も、子供から「おいしいね~、しあわせ♡」という言葉が何回も出ていて、泣きそうになった。絆が強くなったと感じられる。余裕がないときのようにコントロールしようとしなくても、ただ愛を示して全て受け容れているよと態度で示すだけで、ずいぶん素直になってくれるし、親子間の摩擦が非常に減ったことに気づいた。ぎゅーっと抱きしめたり、「かわいいよ、お母さんの大事な大事な宝物だよ」と大げさにやっているが、それにより子供は自分が受け容れてもらえてる、と安心するのだろう。自分が余裕がないときに、このうまく行っている時の感覚を思い出せるようにしたい。

さらに大きな気づき!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
今までは自分のインナーチャイルドを癒すことに一生懸命になっていた。感情が乱れて不安定な時(怒り、号泣、落ち込み、不安…etc)は、インナーチャイルドが表現している感情だと思い、客観的にそれを見ている私(空を溜めてインナーチャイルドからすれば親のような私=高次の私)がその感情を出すことを許す。どんどん感情を出してもいいよと許可し、さらにそんな不安定なインナーチャイルドを丸ごと受け容れ、「私だけはどんなあなたでも見捨てないよ。ありのままを受け容れて愛しているから大丈夫」と自分自身を抱きしめるというような、自分の内側での1人2役を特に意識してやってきた。すると高次の私を信頼して、インナーチャイルドがもっと深い感情を出すようになって来た。
その、内側でやってうまくできたことで、外側の世界でもうまくでき始めていることが解った。娘がわがままをいおうが怒ろうが泣こうが笑おうが、甘えようがすねようがどんな時も同じように抱きしめ、ありのままの娘を受け容れているよ、愛しているよと大げさに表現できるようになって来た。すると娘も私を信頼して、もっとたくさんの感情を出すようになってきたのだ!!そしてもっと甘えてくるようになった。この年齢らしい甘え方。これを充分にさせてあげられれば娘の自我が健全にきちんと成長していけそうだ。
自分の内側の世界で練習したことを、そっくりそのまま外側の世界に活かせている!自分の内側での1人2役の関係性は、そっくりそのまま外側の世界の私と娘の関係性だったんだ!ものすごく腑に落ちた。
しばらくの間、自分のインナーチャイルドを癒すことが課題だと感じていたし、自分の中の母子関係が改善すれば、私と娘ももっと強い信頼感と愛で繋がることができるということをまさに体感した。
関連記事→jueuxさんの「母子関係」、みのりさんの「セラピスト編」、banbingさんの「高次と低次の自分」。

小さなお子さんをお持ちの、全ての親、親だけでなく全ての大人たちがこれを知り、実践できれば、おそらく虐待や学校でのイジメはゼロになるだろう。子供のイジメをなくすにはまずは親自身が充分に癒されなければならないと思った。そこから信頼と大きな愛で結ばれた強い絆が生まれる。親や他人に信頼され、愛されていることを知っている子供は、自分からイジメるような事はしないだろう。

このフルフィルメント瞑想は、自分のためだけでなく、7代上と7代下の先祖・子孫を救うと教わった。少なくとも子孫の方はこういうことだったのか!とよくわかった。先祖代々受け継がれてきた傷を自分の代で断ち切れれば、傷を受けなかった子供はさらにその子供にも傷を与えないはずだ。つらくてつらくてまともに娘と向き合えない日も多かった。娘が傷つくことが分かっていて、それでも娘を傷つける自分を止められなかった…!娘と接することで、こんなに自分の傷に当たるとは思わなかった…。

でもこの危険信号は、「自分の傷に気づいて、きちんとインナーチャイルドを癒しなさい!」というサインだったのだ!こんな気づきがあって、自分と向き合い、どこに傷があるのか探り、意識的にインナーチャイルドを癒してきたおかげで、やっと子供の本当の愛し方、うまい付き合い方が解った!目からうろこがぼろぼろ落ちた!!

関連記事のリンク:
jueuxさんの「母子関係」…13-1~13-4「母親との関係性」(出典:mixi内の"Kryon the Teachings", URL:http://mixi.jp/view_community.pl?id=2759367)
みのりさんの「セラピスト編」
banbingさんの「高次と低次の自分」の「2007年5月に書いた~」の部分

---------------------------------------------------------------------------------------------

あ~長い日記だった~~^^;
今回のタイトルの副題、「~イジメをなくしたいと願う全ての大人たちへ~」なんて、一体誰の言葉かしら??私から出てきた言葉とは思えないですねぇ…^^;

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
[PR]
by bambi-boo | 2008-06-01 12:43 | スピリチュアルなこと