ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

瞑想日記 2007.12.14(fri) セルフヒーリングの仕組みが少しだけ解り始めた

朝 6:30~30分間 ハートマントラ→ババジ1

夜 22:30~30分間 プロスペリティ 戻り8分 半身浴
プロスペリティをやっている最中に初めて悲しみの感情が湧きあがってきた。
昼間読んだ記事で、「悲しみ、怒りなどを低い次元、喜びなどを高い次元とするなら、どんな人にも両方の、または多次元の自分が同時に自分の中に存在する。何かのきっかけで低い次元の自分(怒りなど)が出てきたら、高次の自分が低い次元の自分をそのまま受け入れて、抱きしめて愛する、自分が自分に対して心の中で言葉で愛していると言う。すると、低い次元の自分が癒されて、怒りや悲しみが無理なく流れる(治まる)」というのを読んだ。

高次の自分が主導権を握っていて、感情をうまくコントロールできる、本当の自分になってゆくというもの。これはみのりさんのメルマガにあったのと同じ意味だな、と思った。
瞑想で空をためて、力をつけた神のような本当の自分にインナーチャイルドが癒される。それによって、インナーチャイルドが隠していた感情を、本当の自分に見せても大丈夫だと分かるから、もっと感情が出てくる、というもの。これは今日、だいぶ解った。
瞑想中、過去の辛かった感情が時系列に沿って次から次へと出てきて(というか意図的に出させた部分もあるが)、その度にもう一度その辛かった感情に浸りながら、その自分に向かって、もうひとりの自分が「辛かったね、もう大丈夫。あなたがどんなに惨めでも完璧でなくても、私が愛してるから大丈夫。」と抱きしめることを繰り返した。それを続けると泣きそうになった。
[PR]
by bambi-boo | 2008-03-02 18:14 | スピリチュアルなこと