ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

食品の安全

ここ数ヶ月、国内の老舗や有名メーカーで産地偽装などの表示偽装、農薬入り中国ギョーザなどなど、食品の安全性を脅かすニュースを毎日目にします。

今日もヤフーのトピックスを見ていたら、コンビニのバーガーに釣り針が混入、食べて痛みを訴えた男性の腸に釣り針が入っていたというのを見ました。

なんと恐ろしいことでしょう。

食品の安全性にイヤでも目を向けさせられる事件がたくさん起きています。
これはやはり、自分たちが食べられる分だけの食事を自分で作りなさい、(食べる欲を満たすために食べるのではなく、生きるために食べる)ということなんじゃないかな…と思います。

以前にも書きましたが、企業の体質も良くないですが、やはりそれを助長しているのは消費者にも責任があると思うのです。

産地偽装や高濃度の農薬の検出…結局は「楽しておいしくて安いものが食べたい」、その消費者のニーズを満たすためにこういう事件が必然的に起きていると思うのです。

その辺りを棚に上げ、なにか良くないことが発覚したら「ここの企業は信用できないわ!」とか言っている人が多いような気がして…そうではないことを祈りますが…

できる範囲でいいのです。できることから何かやっていますか?何も意識しないで全部人任せで文句だけ言う…ということだけはしたくないものですね。

でも冷凍食品って時には大変助かるというのも事実ですね。お弁当にはよく使っちゃっていますが…改めて考え直させられています。また使いやすい自家製冷食を考えなくちゃ…^^;(ああ、説得力ない記事!)
[PR]
by bambi-boo | 2008-02-26 11:55 | ひとりごと