ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

瞑想日記 2007.9.8(sat)

朝 8:05~40分間 ババジ1 戻り5分
気持ちよい瞑想だった。

夕食後、久々に心の中の波が荒れた。あまり外には出さないように頑張っていたつもりだけど…。怒りと寂しさがごちゃまぜになったような感情で、涙が溢れてきた。
きっかけはダンナの悪気のない癖。前からそうだが、私が何か話しかけようと口を開いたタイミングで、全く関係のない(その時彼がふっと思ったこと)を先に話されてしまって、いつも、私が話しかけたことは無視される。私の母親も同じ癖があり、いつも自分が話したいことをわーーっとしゃべってしまって、私が話しかけていたことなんか全く気づいていない。気づいてないから、「さっき何か話しかけた?」とも聞いてくれない。2人とも、全く悪気はなく、そして2人とも何度言っても直らない。直らないのも無理はないと思うよ、だってこっちが話しかけようとしていることに気づいてすらいないんだから。でも、私はこれにいつもカチンとくる。
”無視は最高の嫌いの表現だ”と聞いたことがあるが、私はそれを無意識に感じているのだろうか、無視されている怒りと寂しさを。それが私の精神状態があまりよくないときに何度も重なると心が破裂してしまうのだ。
だって、以前にそのことについては何度も言っているから。(もう諦めているけどとても悲しい。)だけど相手は全く悪気はないなんて。感じ方がこれほどにも違うのだ。相手は”そんなことでいちいち怒るな”という気持ちらしいが、私にとっては自尊心を傷つけられているのと同じくらいの激しい怒りなのだ。これは私のカルマなのだろう。今生の子供時代は、親からたくさんの愛を受けて育ってきたはず。前世で虐待を受けたことでもあるのだろうか?これはいつか解決する日が来るのだろうか…。


子供と一緒に寝てしまったので、4:00くらい~寝ながらハートマントラ。5:30頃気づいて戻ると意図した。
[PR]
by bambi-boo | 2007-10-17 01:22 | スピリチュアルなこと