ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

歯医者レポ vol.12・13 ~根管治療・6(最終)/歯科衛生士さんのケア・7~

今回も治療が先でした。

先週取ってもらった型が目の前の机の上に置かれていて、左上の6番の位置に金歯が収まっていました。これをいよいよ口の中に入れるのか~!

初めて自分の口の中を客観的に見ました。私は自分で言うのもなんですが歯並びは良い方だと思っています。
できあがった型を見て、「こんなに歯並びの良い人はそうそういませんよ」と言ってもらえ、さらに自信が持てました*^^*それなのに虫歯が多くて色もあまり良くないのでとても残念です…orz
先生「ばんびさんの名前を消して見本に置いておきたいくらいですね」
私「そうしてもらえたら嬉しいですね~^^」

と雑談を終えてすぐ金歯の装着に取り掛かりました。
接着剤を付ける前に削っては調節を繰り返して何度か噛み合わせをみてくれました。
接着剤をつけて噛み合わせを確認しましたが、どうもしっくりきません。
私の意見を汲み取って削ってくれましたが、噛み合わせ用のテスター(?)を使った確認では大丈夫とのことでした。
でも私は違和感が残ります、と訴えたら、

先生「ばんびさん、それは左上の親知らずが原因ですね。心の準備ができたらいつでも言って下さい。」
私「はい、よろしくお願いします(いよいよ抜歯だ~…TT)」

終わったらそのままよだれかけも付けっぱなしで部屋を移動。

後半は衛生士さんによる歯石取り。
今回も流血事件頻発TT
でも今までに歯石を取った箇所は歯肉の状態がずいぶんと改善しているようなので、我慢我慢!

ちょっとした合間に話をしたところ、この衛生士さんも実は昔エレクトーンをやっていて、さらにドラムまで習っていたとのこと!ここのコーディネーターさんもエレクトーンの5級を持っていると言うし、セッションしたら楽しそうですね~なんて会話も弾みました^^

で、親知らずの抜歯の件で。
上の歯はいいとして、下の水平埋伏歯の抜歯について質問しました。
私「下の親知らずもここで抜いてもらえるんですか?」
(下の難抜歯のリスクの説明を受けて)
衛生士「院長の判断次第ですね。無理だと思ったら県立がんセンターを紹介させていただいています」
「抜いてくれと言うならすぐ抜きますが、下の歯については急がなくてもいいですよ。要はケアを頑張って、腫らせなければいいんです。あとは体調ですね」
私「必ず抜かなければならないというものでもないんですね♪」(ケアをきちんとして、できるだけ抜歯を引き延ばそう。ちょっと実験したいこともあるし…)

実験の内容は…何年後かに明かせるかな~~^^?(それまで内緒^^)

次回は約1ヵ月後、左上の親知らずの抜歯です…TT
[PR]
by bambi-boo | 2007-07-26 20:24 | 日常