ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

結婚の意味・夫婦の意味

ここのところ、しばらく内面を見つめたり、宇宙の法則・真理が少しずつ分かってきたりしているなかで、ふと、なんでこの人と結婚したのかな~と考える機会がありました。

最初に結婚を決めた時は、
・単純に、好き合っている。
・優しい、大切に思ってくれる。
・同じ趣味がいくつかある。
・価値観が似ている。
・将来の家族団らんのようすが頭の中でえがける。

とまあ、ありきたりの理由でした。

最近は結婚だけではなく、関わりがある人すべてが自分にとって学びのチャンスになる、その人間関係で学ぶことが何かしら必ずあるということが分かりました。

いわば、自分の魂の成長に関係する間柄というわけなのですが、その観点から良く考えてみると…

よーぜふは魚をはじめとして、人間以外の動植物、小さい子供に対して、とても愛情がある。世話を厭わない。そんなところから感じたこととしては…
・私にはまだまだ心からの愛が足りない。それに気づかせるため。
・だから、無償の愛を何に対しても与えることを、この人から学ぶチャンスをもらったんだ。

もうひとつ、よーぜふは怒るということが殆どありません。いつもニコニコ、穏やかです。そんな彼からは…
・私の怒りっぽさを反省させるため。
・怒らないようになれば、いろんなことが調和してくる→幸せを感じる感度が上がる。
・どんどん幸せの好循環の流れに乗っていく。

そして、これからの2人は、同じ方を向いて着実に歩み始めているように思います。

それは、自分のできること、好きなことを通して社会貢献をする、人の役に立つこと(主に癒し)をしていきたいと言うことだと思います。周りが幸せになれば、自分たちも幸せになれる。そんなことを目指しています。

そういえば、結婚する前によーぜふは、
「ばんびの幸せが、俺の幸せだよ」
なーんて、ちょっと今思い出しただけでもキザと言うか、こっぱずかしいことを言っていたっけ。
でも、今考えると、彼はすごいこと言っていたんだな~と、今更ながらに気づきました。対象となる人が特定の人物でなくても、不特定多数の周りの人間が幸せになることで、自分は本当に幸せになれるということが分かってきたからです。

よーぜふも私もアロマテラピー検定の1級を取り、彼は魚や生き物、農産物を通して、そして私はいくつかのヒーリングテクニックを習い始め、それを通して人の役に立ちたいと思っています。

そのために、私たちは経済的にも精神的にも苦しい時期を送る必要があったんだと気づきました。今ヒーリングテクニックの一つを学んでいる途中ですが、その先生からも、
「心の豊かさと言いますか、状況を受け入れる時の心の持ちようで人は幸せにも不幸にもなると言うことを知ることで、人は貧しくはなれなくなります。
貧しくなれなくなれば、後は与えるばかりになりますね。
実際それができるところまで来られているから、ご相談を受けることも多くなったのだと思います。」
というお言葉をいただきました。

まだまだエゴの多い2人ですが^^;、これからもお互いに学び合い、高めあっていける関係でいたいと思います。そして、それぞれ習得しようとしていることは違っても、それを通して同じ一つの目的に突き進んで行きたいと思います^^
[PR]
by bambi-boo | 2007-04-24 14:29 | こころ