ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

助産院レポ 

やっとやっと、助産院レポがかけます^^;

通い始めた頃はそんなに行くことがなかった(血液検査などを病院でして来てくださいなど)
ことと、つわりがひどかったために。

そしてつわりが良くなってきてからも気力が復活するまで長かった~><

その後はなぜかうまく時間が作れず><

前置きは良いとして。

年明け早々、1月2日の夜、定期健診に行ってきました。
27w6d。翌日から8ヶ月です。自分のことながら早~い!

↑このことからも分かるように、すごく融通が利くのです。
普通に夜、定期健診の予約を受け付けてくださるし、
年末年始も関係ない。
もちろん家族みんなでエコーも見せていただける。
完全予約制なので待ち時間もなく心配なことや気になることも
とことん聞いてくださいます。
数年前まで総合病院に勤めていらしたので裏話もちらりと
お話してくださったり^^;

最初の頃、夜診察していただきたいと恐る恐る(?)聞いてみたら
あっさりと「いいですよ~^^」と快諾していただけて、
それ以来特別なことがない限り家族みんな(ダンナと娘と)で検診に通っています。

「普通に夜の定期健診を受け入れてくださっているのですか?」
と質問したら
「そうですよ~^^仕事帰りにこられる方やご主人が仕事終わってから一緒に来られる方
いろいろいらっしゃるけど、そうじゃないと(妊婦はもとより、家族の要望も受け入れられないのでは)
意味がないでしょう?」

一生にそう何度もある訳ではない妊娠~出産期間をとても大事に思ってくださっている
ということですよね。

産後も家族で泊まることができるそうです。
その場合、パートナーの食事は出ないそうですが。

中期と後期に一度ずつ嘱託の病院に行かなければならないのですが
そこにも一緒に行って下さいます。
しかもその総合病院の方々、総合病院の職員らしからぬ
なんともアットホームな感じの対応でとても安心して受診できました。
もちろん出産に対する考え方でももう一つのほぼ距離的には変わらない
総合病院とは全然違う、進んだ考え方なのだそうです。

病院の行き帰りの車の中で、病院の裏話など聞くにつけ、
この助産師さんは本当に妊婦とその家族の真の幸せを願い、
儲け主義的ではなくて、「助産師」が天職なのだな~と感じました。

そうでなければ、こんな昼も夜もない、肉体的にも大変な職業、できないですよね。

この助産院で出産した方の中に、産んだ直後から
「またここで産みたい♪」
とおっしゃる方が多いそうです。
すごく納得!です。
それだけ、感動的なお産のサポートをしてくださっているんだろうなぁ
というのが想像できます。

肝心の出産も、アクティブバースとのことで、
「どんな風に出産したいですか?」と
当たり前のように聞いてくださいました。

最初の検診のときからアクティブバースの説明は聞いていて、
お産が進むにつれ、その時その時の状況に(骨盤の状態など)に合わせて
体位を楽な格好にさせてくれたり、精油を焚いたりさせていただけるようです。

もちろん、正常な分娩のみしか扱うことが許されていません。
私は今のところ、小さな小さなトラブルはあっても順調にきてくれているので
助産院で産める!とわくわくしています。

しかし、いつ何時どうなるかわかりません。
切迫早産だったり、逆子が治らなかったら、助産院で産む事が叶わなくなってしまいます。
ちなみに、今回は逆子だといわれてしまいました><
だからお腹が張りやすいとも。
でもまだ約28週なのでかなり楽観的です。どうにか治るでしょう。

第1子がごく普通の産院でのルーチンな分娩介助、
さらに分娩台の上での不自然な姿勢の
(仰向けでの出産は病院なら普通だと思いますが自然な形ではないそうです)
辛いお産だったので、余計に自然な形でのお産に強い憧れがあります。

第1子からこの助産院で産みたかったな~と思いましたが、
その当時はまだ開業なさっていなかったのでした^^;
つい2~3年前の開業だそうです。

静岡県東部・伊豆地方にお住まいの方にはお勧めです^^
桃太郎助産院さんです。
[PR]
by bambi-boo | 2010-01-06 10:29 | 日常