ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

常識と思い込みは覆る

今まで常識だと思っていたことがガラガラと音を立てて崩れてしまう…
といった経験をしたことはありますか?

私は4~5年ほど前からそんなことの連続です^^;

たとえば牛乳神話説。
牛乳って健康にいいって言うイメージとか、
骨が強くなる!っていう常識みたいなものがありますよね。

牛乳は牛の母乳。子牛が飲むもので人間が飲むものではない、
異種たんぱくだからあまりよくない…とか。

さらに牛にたくさんお乳を出させるためにたくさんホルモン剤を投与しているため、
牛乳にもたくさん含まれ、人体に影響を及ぼす、とか
普通に売られている牛乳は
ホモジナイズ(均質化)という工程を踏んでいるため、
もっとよくないものになっているといいます。

また、牛乳を飲めば飲むほど骨がもろくなる…

ほかにもちょっと調べればいろいろ出てくると思います。

また、マーガリンについて。
植物性だからヘルシー。そんなイメージがあると思います。
しかし、植物性の油って普通は常温では液体ですよね。
それを化学的な処理をして人為的に固まらせているのです。
その際にできる「トランス脂肪酸」。
これは自然界にはほとんど存在しないものなので
大量に摂取すると危険、というもの。
そして、不自然なものなので腐らないそうです。
腐らないしプラスチックを食べているようなものだそうです。

最初にこれらのことを目にしたときの私は
やっぱり動揺しました。
「今までいいことばっかりだと思って信じていたのに~!!」

頭ごなしにそれらのものが絶対にだめとは言いません。

「食品の裏側」という元食品添加物の会社の営業マンが
書いた暴露本(?)にも確か、
「物事の良い一面だけを見て判断するのではなく、
悪いところも全部知った上でそれを使うのか判断すればいい」
といったことが書いてあったと思います。

私もそう思います。

ん?逆だったかな??
「頭ごなしにすべて悪いと決め付けず、利益を享受している側面も
あるのだから…云々」かな。



えーと、食品についてばかり書いてしまいましたが…


その他にも。
例えば怪我の治療法。

怪我=消毒+ガーゼっていう無意識の方程式、頭の中にないですか?
少なくとも2年ほど前まで、私の頭の中にはしっかりありました^^;
ところがつい最近ダンナが足をガラスで切り、(刺したって言うほうが適当かも^^;)
結構深い傷を負ったのです。

切り傷に消毒はしてはいけない、という今までの常識を正面から
否定される衝撃の情報を知ってから、試す機会がなかったので、
ダンナにやってみてもらおうかな~と…^^;

で、この湿潤治療法(閉鎖療法)を解説&推奨しているHPをだんなと一緒に見て、
本人は納得した上で実践していました。
すると、消毒をしてガーゼをしていたときよりも明らかに治りが早く、
痛みも一貫してほとんどないというではありませんか!!
百聞は一体験に如かず!(ちょこっとお言葉をお借りしました)

そして何と偶然にも!?この治療法が今朝の民放で取り上げられていました!
(チラッと見ただけだったのですが)
まさに私が見つけたHPの先生の名前も出ていてびっくり!!

今書いているこの記事、数日前から下書きをしていたのですが、
テレビで放送されるなんて知りませんでした~^^;
コメンテーターも、「常識が覆りました」と言っていました^^

もうひとつ、癌について。
これも実はつらいつらい治療を受けなくても治ると言われています。
むしろ、治療によって寿命が縮まるとも…><

以前、最後の職場でお昼ごはんを食べながら、
癌になったら…という話題が出たとき。
「私は癌になったら治療を受けないと思います」
なんて話したら、
「え!?だってお子さんもいるのに治療受けなきゃだめだよ!!」
というようなことを言われ、周りにいた人の笑いを買ってしまったことがあります^^;

そのときの捉え方が、いかに違ったかがわかります。

私には癌=死という方程式が、その時点ではなくなっていたのです。
私は癌は治るものだと思っているし、必ずしも死ぬものではない。
癌は敵ではないし、
癌があるおかげで生き延びているという話を聞いたことがあるので、
治療を受けずに生活を見直して自分で治す、という意味で話したのでした。

周りの皆さんのなかにはきっと癌=死という方程式があったのだと思います。
(事実、数年前の私もそうでしたよ~^^;)

もし私が癌になったら、抗がん剤や放射線治療を受け、
免疫システムを破壊されることを選ぶのではなく、
自己治癒力を最大限に引き出してくれるお医者さんを探すでしょう。
病気や怪我を治してくれるのはお医者さんではなく、実は本人なのです。


常識についてはとりあえずここまで^^;


思い込みも、覆るんですよね~

例えば
「自分はだめな人間だ。何の役にも立たない。」
「こんなことはできっこない」
とか、いろいろありますよね。

でも、これって自分で自分にはめている「枠」なんですよね。
できないことを数えるのではなくて、
こうしたら、できるかも!ってわくわくしているほうが
よっぽど有益な時間だと思ったんです。

実際、「できない」と思っていたことを整理して、
「こうしたら、できるな~!」に思考と行動を変えていったら
できたことって結構あって、思い込みがいかに
自分の行動や幸せを限定しているのかが体感としてわかってきました。

常識にも思い込みにもとらわれず、直感と自由なやわらかい心。
それを持ち続けることで摩擦なく楽に生きられる気がします^^

------------------------------------------------------------------
今日の記事は結構ドキドキで書いています^^;
自分の意見であって、決して押し付けではないので
抗議のコメントは受け付けません^^;

調べるとたくさん出てきます。
それを選ぶかどうかは個人個人の判断によります。

[PR]
by bambi-boo | 2009-07-24 12:45 | ひとりごと