ばんびの小屋

banbinokoy.exblog.jp
ブログトップ

怒りの解放

瞑想を習い始める前から私は感情の起伏が激しい方だったけれど、
瞑想を始めてからはもっと激しくなりました。

特に、出しちゃだめだと思っていた、怒りの感情が何度も激しく出てきます。

瞑想を始めたことで激しい怒りの感情が出てくるということは、それ以前に
かなり抑圧をしてきたから、だそうです。

私は決して穏やかな人ではなく、きっと燃えたぎるような激しい魂の持ち主。
でも今までは周りに合わせ、周りに気を遣い、怒りを感じてもにこにこしてきたことが
多かったですね~。

生きにくさを感じ続けて、ある日フルフィルメント瞑想の伝授を受けました。
初日には私は、何を問題に思っているのか聞かれて、確か「激しい怒りを出してしまう」
ということも言ったと思います。

それについてみのり先生は、
「怒りは出していいんです。抑圧しないでどんどん出しちゃってください」
そんな風に教えてくれたと思います。

これには最初、正直「えっ!?」って思いました。
怒りを感じても出しちゃだめだと思っていたから…。
誰もいないところですら、あまり良くない行為だと思っていたから…。
怒りを溜めていても、表面はにこにこおとなしくしているのが「大人」だと思っていました。

それは違う、と最近良く分かります。
怒りを溜めすぎて抑圧して挙句の果てに感じないようにしてしまうと、
他の感情まで頓麻してきます。
その結果が数年前に患った鬱の状態なのでしょう。
無気力、無関心、無感情。怖いですよね。

楽しい・心地良い感情だけをリアルに感じることはできないのだそうです。
楽しい・心地良い感情を味わいたいのなら、
怒りや悲しみや心地悪い感情も同じように感じなくてはならない。
実際そうなんですね。最近良く分かります。

だから今はほとんどの日が楽しい、嬉しい。
私の日常は激しいですよ~^^;
爆発したり大笑いしたり大泣きしたり。
感情がむき出しで歩いているみたい(笑)

その中で、家族をはじめ、周りの人たちを傷つけないような表現の仕方を
今学んでいる最中なんだと思います。

まだ大きな重石が乗っかっている抑圧を吹き飛ばすだけの激しい怒りですから、
なかなか周りのことを完全に気遣いながらの解放はまだまだ下手です。

でも、瞑想を始めて2年近くたって、ようやく少しずつ上手になって来ました。

昨日も久々に大爆発。
お友達に話してしまいました。
以下そのメールのコピーです。

----------------------------------------------------

「昼間歯医者さんでとってもおりこうさんだったのに
夜になって何かにイライラさせられて、私の怖い姿を見せてしまいました。

娘の何かが、知らない間に出来た私の過去の傷に触れたんだろうね。
そんな時は怒り方が違います。ほんと、気がふれたのかと思われそうな怒り方…

でもそんな怒りも抑圧しないで出す方がいいと教わったので、
近所のことも気にせず倉庫の2階に上がって壁をガンガン殴ってきたよ…
まだ母屋と違う場所で大爆発できる場所があるだけ幸せだと思わないと
いけないかもね。周りの環境によっては、圧倒的にそれが無理な人が
多いだろうからね…

2階の大声や殴る音など、母屋にいた子供にも聞こえたらしく、
怖がっていたみたい。

あ~、もう、何言ってるんだろうね、私。
昨日は娘にはなるべく当たらないように気をつけたけど、
あんなに激しい怒りを出した自分自身に私は今やっぱり動揺しているみたい。

でもでも、ね、一時的な感情の大爆発を出してやれば、ほんとにけろっとして、
怒ったあとに抱きしめてやることも、しっかり子供と向き合うこともできるようになったよ^^
やっぱり抑圧しないで出した方がいいみたいだね♪」

-----------------------------------------------------

怒っている母親の姿を子供に感じさせてしまっているところが、
まだ「解放の仕方がヘタ」な点です。
怒りの矛先をなんとか娘に向けないようにするのが結構難しい。
昨日は「爆発してくる!」と言い残して2階に駆け上がりました。

自分の中の何かを改善したくて瞑想を始めたわけです。
でも、改善の道は険しい。
よくみのりさんもおっしゃいます。完全無菌状態の幸せな状態が
向こうから歩いてくるわけではない、と。

改善途中でいろんな問題に気づいてしまい、
それと向き合うのはとてもつらいし勇気の要ること。
しかし、それを瞑想中での心地良い解放のサポートも受けながら、
自分自身で苦しい思いをしながら乗り越えなければならないところもあるんですよね。

私のインナーチャイルドを癒す旅はそうそう簡単に終わってくれそうにありません。
これからもダメダメだ~、と思いながら七転八倒しながら
だんだんに良くなっていくのでしょう。


上級マントラも2ついただいているのに、まだまだ感情に飲み込まれることも多いです。
だいぶ怒っている自分を傍観できるようにはなってきましたが…
一番痛い傷に触れられるとまだダメみたいです。

怒りの抑圧の解放中にある私にとって、ダンナと子供には本当に感謝しています。
もちろん瞑想によって解放が起きること、良くなっていくためには必要なステップ
なのだとたくさん説明もしています。

それでも実際に激しい怒りを出している私を叱らず、白い目で見ず、
子供を守ってくれているのは本当にありがたいことです。
子供にもまだ言葉が分からないうちから
「あなたは何も悪くないよ、お母さんが勝手にイライラしているだけだからね」
と罪悪感を持たせないような言葉をかけ続けたおかげか、
一時的には怖がりますが、
「お母さんのこと、ほっとくね^^イライラを全部だしちゃえ~!あっちいけ~!」
と協力してくれます。これには泣けますね。



今はもう怒りを引きずっていません。昨日の大爆発でけろっとしてしまいました。
だから激しい内容ですがあえて書きます。

名前も顔も知らなくても、もしも、同じように悩んでいる方のお役に立てるなら、
これからも七転八倒しながら学んだことを書いて行こうと思います。

怒りは出していいんです。
この一言でどんなに救われたことでしょう…

怒りは出していいんですよ^^
(人に当たるんじゃなくて、物に、ね☆)



あ、宿泊瞑想会レポの続きよりも先にこっちかいちゃった^^;まっ、いいか!
忘れないうちに続きを書けるといいな~^^;
[PR]
by bambi-boo | 2009-04-22 13:03 | スピリチュアルなこと